親子コミュニケーション:「痛いの痛いの飛んでけ~」外在化

外在化とは、

“本人”と“問題”をきちんと分けることです。

これはとても重要なことです。


往々にして“本人”と“問題”を

一緒くたにしてしまうから、

事態はどんどん深みにはまっていきます。

そうしないのが「外在化」。

どんな時にも必要なひとつの態度である。


例えば「痛いの痛いの飛んでけ~」というように、

子どもと痛みは別のものとして考えて、

昔から使われています。

海外でも似た言葉が使われているといいます。


本人を評価するのではなく、

本人の中にある「~虫」を把握することは重要です。

ちょっと極端な例ですが、

子どもがとても悪いことをしたときに、

子ども自身がしているのではなく、

子供の中にいる「とても悪いことする虫」がいるんだ。

そういう気持ちで、聴くということをしてみてください。


そうすることで、子どもの話がスーっと入ってきます。

よく聞かれるのは「困った子ではなく、困っている子」という言い方です。


そういう姿勢でいると、

しっかりと素直に子どもの話を聴くことができます。

f0394357_04381498.jpg































また、子どもはよく独り言を言います。

一般的に言葉は他者に自分の気持ちを伝える

コミュニケーションの道具として使ってますよね。

しかし、子供は相手がいなくても、

おしゃべりをしています、

お友達と一緒に遊んでいる時でも

ひとりごとを言っていることがあります。


これは伝達を目的としていないもの。

このことを「自己中心性の現れ」というそうです。


子どもが絵を描く時に赤鉛筆がない場合

「赤鉛筆がないなぁ、どこいった?

 まあいいやピンクで描いてみよう」

子供は自分の思うとおりに

行動ができない状況に陥ると、

問題を解決するために、一生懸命考えます。

その考えが、そのまま言葉として発せられ、

ひとり言になるといいます。


そんな時、子どもの傍らにいて、

ただただ聞いてみるのもいいものです。

親の気配を気配を感じながら

(子どもは意識に上っていないかもしれないけれど)

ひとり言の世界に、自分の世界に入っていきます。


わたしは子どものひとり言が途中で止まった場合、

「なに?それからどうしたの?」と

あいの手を入れることがあります。

「えっ?」そのときに初めて、

親の存在に気がつきているようです。

「あっこうこうこういうことね・・・」

ささやかなコミュニケーションを楽しんでみましょう。





[PR]
by nocotoco | 2017-12-10 05:17 | 親子コミュニケーション | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の原因
at 2018-11-22 05:11
子ども達の対人関係の希薄化
at 2018-11-21 19:06
不登校・ひきこもり  日常生..
at 2018-11-20 07:01

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校