親子コミュニケーション:相手とのスペース

相手とのスペース(体の距離)

話をしている子どもはどんな距離を取っているでしょうか?

そして、どんな向きで話し合っているでしょうか?


あなたから遠く離れたところに

座ったり移動したり、

近くに座っていても、

子どもの向きがあなたからそれているなど。


あなたから遠く離れたところに座ったり、

移動したりする場合は心がクローズ状態です。


なぜ、そうなっているか考えてみるようにしてみてくださいね。

なんとなく「○○なのかなぁ」と思いつくかもしれません。


f0394357_07435084.jpg


































子どもに「話したら怒られるかもしれない」

という恐怖があるかもしれません。

無理に近づいたり、近くに座らせたりせず、

その状態で話すようにしてみてください。


また、近くに座っていても、

子どもの向きがあなたからそれている場合、

やはり子どもはクローズの状態であるとメッセージを発しています。


このような時はすぐにポジティブな反応を期待せず、

話をしながら心がこちらを向いてくるのを待ってください。

くどいくらいに「待つ」ですね。


「言葉ではない非言語
    (ボディーランゲージ)が雄弁に語る」

ことがあります。

自分の子供の様子を観て、

その子なりのボディーランゲージを

見つけてみてください。


建築、インテリアデザインの分野で、

ソシオペタル(関係を持っている)と、

ソシオフーガル(関係を断っている)という

デザイン手法があります。

複数の人の向きによって、

関係を持つようにデザインするか、

関係を持たずに、

一人集中して作業を行うデザインにするか、

それをデスクレイアウトに用いる時があります。

↓参考にしてみてください。

 デザインの世界も面白いですよ。

http://layout.net/community/anzai-learning-ba-01/

引用・参考文献
http://nocotoco.exblog.jp/28742813/

ホームページはこちらです
[PR]
by nocotoco | 2017-12-30 07:45 | 親子コミュニケーション | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の原因
at 2018-11-22 05:11
子ども達の対人関係の希薄化
at 2018-11-21 19:06
不登校・ひきこもり  日常生..
at 2018-11-20 07:01

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校