親子コミュニケーション:「限定質問」


前回に引き続き「限定質問」についてお話しします。


オープンクエスチョンの「限定質問」

例 「今日は誰と遊んでいたの?」

この場合、答えが「はい」「いいえ」に

限定されてしまうわけではないから、

クローズド・クエスチョンにはなりません。

しかし、答えの選択肢は「友達の名前」にだけに限定される。

この質問では一部が限定されています。


「遊んでいた」ことは質問の中で

断定されてしまっているので、

オープン・クエスチョン形式であっても、

場合によっては会話を閉じる原因に

なってしまう質問かも知れません。

f0394357_05062656.jpg




















このように、限定質問は

オープン・クエスチョンの一種ではあるが、

回答に範囲が非常に狭められているため、

クローズド・クエスチョンと同じように、

相手に威圧的に聞こえることもあります。

しかし、質問の内容が狭められるため、

子どもは容易に質問に

答えやすくなるという利点もありますよね 。


どの程度の答えを期待しているかによって、

限定の幅を考えてみてください。

これって結構難しいんですよね。

狭めすぎると威圧的になりますし、

広げすぎると曖昧な答えしか返ってこないし。

親の方が「この質問をしたら、

どのくらい具体的な答えが返ってくるかな?」と

まず、親の方でじっくりと

考える必要が出てきます。

慣れてくれば、わりと短い時間で

すっと質問が出てきます。

なので、日々の質問の流れの中で、

必然的にできてきます。


子どもに質問する時は、特に限定質問をするときは、

時間的に近く、具体的な質問をすれば、

子どもは答えやすくなる可能性が高いですので、

子どもと向き合って、その話題について話してみましょう。


特に、学校での交友関係、

先生との関係、進学の方向性など、

パパさん、ママさん、

みんなで話し合える回答が出てくると、

一層家族間での親密なコ

ミュニケーションができると思います。

ホームページはこちらです





[PR]
by nocotoco | 2018-01-28 05:07 | 親子コミュニケーション | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の原因
at 2018-11-22 05:11
子ども達の対人関係の希薄化
at 2018-11-21 19:06
不登校・ひきこもり  日常生..
at 2018-11-20 07:01

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校