親子コミュニケーション:オープンクエスチョン限定タイプの質問例

「オープン・クエスチョン限定タイプ」の質問例


親「今日は誰と遊んでいたの?」

子「誰とも遊んでないよ」


このタイプの質問は「クローズド・クエスチョン」より

答えの自由にありますが、

質問の一部が断定されています。

穏やかな態度で質問すれば

子どもから的確な答えを得ることができますが、

質問の仕方によっては、

クローズド・クエスチョンと同じように威圧的にもなります。

帰宅後に「遊んでいた」という前提で話が始まっているので、

「帰宅後、本気前に勉強していた」という答えがあっても、

この質問の仕方では素直な答えは引き出せません。

f0394357_03372600.jpg




































オープンクエスチョンの限定タイプの難しいところは、

何を「限定」するかということです。

子どもの様子をよく見て、

子どもの周辺のものをよく見て、

例えば、机の上(教科書が出ていれば=宿題をやっていた)

玄関(遊び道具が置いてあった=遊びに行っていた)等々。

子どもをその周辺も含めて、

よく観察してみてオープンクエスチョンの

「限定」を考えてみてください。



我が家の場合は、ちと面倒なのです。

テレビがついているから「宿題は?」と聞くと、

「今やってるよ」という答えが返ってきます。

「えっ!?」という感じです。

このパターンは結構はっきりしているので、

何気なく近づいて行って、

宿題をやってそうだったら、

「おっ、宿題やってんだね。

テレビ消しておくね」と言って、、

何気なくテレビを消します。

子どもの行動を理解するのは

本当に難しいですね。



ホームページはこちらです




[PR]
by nocotoco | 2018-01-31 03:38 | 親子コミュニケーション | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の原因
at 2018-11-22 05:11
子ども達の対人関係の希薄化
at 2018-11-21 19:06
不登校・ひきこもり  日常生..
at 2018-11-20 07:01

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校