親子コミュニケーション:答えのない質問

本日のチャイルドコーチングは「答えのない」=「答えようのない」質問です。

時々ついつい、答えのない問題を質問している場合がありますよね。

もう一つ避けたい「質問」に、

質問の形式を取っているが、正しい答えがない質問があります

「何度言えばわかるの?」

「いつになったら出来るの?」

「どうしていつも○○なの?」

などの質問がそうです。


子どもにしてみると

「何度って言われても・・・」

「いつって言われても・・・」

「どうしていつもっていわれても・・・」

という感じになってしまいます。

f0394357_06061924.jpg



































親の方としては、ちょこっと怒りが入っていますよね。

またまたですが、少し「ぐっとこらえて」

冷静になって質問をしてみましょう。

以前にもお話した、「具体的に」を思い出して、

子どもにもわかるように質問してみてください。

怒りの勢いではなく、母親の穏やかさで。

以前お話した「5つの私」

・CP(厳しい私):厳しい親の態度を真似たところ

・NP(優しい私):養育的・寛大な親の態度を真似たところ


・A(冷静な私) :考えて判断し、冷静に振舞うところ


・FC(自由な私) :無邪気な子供のようなところ

・AC(順応した私):人目を気にして行動するところ


のNP=優しい私、になって。寛大に質問してみましょう。

子どもの反応ははっきりと違ったものになってきます。

そうです、

NP(優しい私)

・長所:同情的、養育的、世話好き、

    親切、寛容、いたわり 

を思い出してみてくださいね。


ホームページはこちらです



[PR]
by nocotoco | 2018-02-18 06:04 | 親子コミュニケーション | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の原因
at 2018-11-22 05:11
子ども達の対人関係の希薄化
at 2018-11-21 19:06
不登校・ひきこもり  日常生..
at 2018-11-20 07:01

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校