親子コミュニケーション:質問のコツ

今回は「質問のコツ」です。

チャイルド・コーチングでの質問は

子どもから情報を得るのではなく、

質問によって子どもが

答えを見つけ出すために行われます。

そして、子どもは自分で答えを見つけ出したり、

親に提案したりすると、その決定に従いやすくなる。


つまり、言われたとおりにする、

言われたからする、

その結果はが同じになるかもしれませんが、、

「子どもは自分で答えを見つけ出したり、

親に提案したりする」ことによって、

出てくる場合の答え、それは大きく違ってきます。

子ども達の成長には、

まったく違った「育ちの種」が生まれてきます。

ですから、チャイルド・コーチングの質問は、

子どもが自分で答えを見つけ出す方向に、

デザインするようにして行くといいですね。

f0394357_05335872.jpg



















子ども達に自分で考えることの大切さを覚えてもらう。

その結果が、自分の思う方向へ行った時の喜びを感じてもらう。

自分の思う方向へと行かなかったときは、

「ん~なんでだ~」を一緒に考えてあげる。

特に小さなお子さんの場合は、

「ん~なんでなのかなぁ???」

がとても多くなると思います。

「でも、ママ、パパが一緒に考えてくれるんだもんねぇ」という

安心感に包まれることの大切さを、

ママさん、パパさんに感じることができるといいですね。


大きくなるにしたがって、

質問の仕方を変えてみる。

うまくいくか、行かないか、その結果を見て、

質問の難易度(?)をいろいろと

工夫してみるのはどうでしょうか。



我が家の場合、妻が外出で遅くなったときは、

当然、私が夕食をつくります。

小さい頃は、「今日は○○だけど何時に食べる?」

もう少し大きくなってきたら、同じ質問なのですが、

「何時」は守って用意した食材で作っていてくれる。

いまは、「何時ころ夕食にする?」で、

ある食材を使って作ってくれる。

ごはん前におなかが減った時も、

何も言わずに勝手になんか作って食べます。

そして、夕食を食べながら、

「今日のおかずはねぇ、○○で工夫したんだよ」

「□□がつくったんだよ。なかなかおいしいよね」

というふうな感じで、会話が進んでいきます。

頼もしい限りです。

で、「我が家で一番料理が駄目なのはパパ」

という結論に達しました。

ちょっと主旨ら外れてしまいましたが、

子どもの年齢で質問の仕方を考えてみると、

以外な答えが返ってくることもあります。

「ん~・・・わからない」となったら助け舟。

それでも、会話が楽しく進んでいきます。

まずは、楽しく質問をしていくのがいいと思っています。

ホームページはこちらです



[PR]
by nocotoco | 2018-02-24 05:34 | 親子コミュニケーション | Comments(0)


不登校、ひきこもり、「つらい」思いをしている方のカウンセリングをします。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校
親子コミュニケーション
発達障がい
セルフ・カウンセリング
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の子どもの気持ち
at 2018-10-22 09:46
知的障害、自閉症、ADHDー..
at 2018-10-21 06:14
知的障害、自閉症、ADHDー..
at 2018-10-20 09:34

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校