親子コミュニケーション:オープンクエスチョンの良いところ

今日はオープンクエスチョンのいいところを見ていきますね。

親:今日の宿題はどうだった?

 (「はい」「いいえ」で答えられないオープン・クエスチョン)


このような質問には「はい」か「いいえ」

で答えることができません。

自由に何かしらの説明をする機会が与えられています。


回答例 子:「ええと、まだ宿題、やってないんだ。」

「これからやろうと思ってたところだよ。」

「今日は宿題がすくないから」等自由に答えられる余裕があると、

子供は答えが決めつけられていると感じることなく

平穏に会話が進見ます。


オープンクエスチョンのいいところは、

上に示されているように、

子どもに答えがゆだねられているところです。

この質問によって、子どもは今持っている感情を

より豊かに表現することだ思います。

頭の中で、親からの質問を繰り返し、

自分なりの応えを返すことできます。

クローズドクエスチョンの場合は、

考える時間をあまり当てえることがありません。

しかし、オープンクエスチョンの場合は、

考える時間がクローズドクエスチョンよりはあるので、

その分、子どもは自分の意見を整理し、

回答することができるのですね。

f0394357_02201147.jpg
















頭を回転させ答えていく。

私は、発想、表現の幅が広くなると思っています。

上記の回答例は、わかりやすくするために、

回答が、かなり短めに、短文で終わってしまっていますが、

質問によっては、これだけでは終わらず、

親子のコミュニケーションに発展する可能性を、

大きく残しているとも思っています。

子どもの回答に関して、ママさんパパさんは、

「そうなんだ、○○は□□なんだね」

「それから、どうなったの?」等々

オープンクエスチョンは文章として成立しているので、

親も、言葉を返しやすいと思っています。

ママさん、パパさん、

子どもが答えやすいという

クローズクエスチョンのいいところもありますが、

オープンクエスチョンにもよいところはたくさんあります。

その場の雰囲気で、使い分けていくのがいいですね。








[PR]
by nocotoco | 2018-02-27 02:20 | 親子コミュニケーション | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の原因
at 2018-11-22 05:11
子ども達の対人関係の希薄化
at 2018-11-21 19:06
不登校・ひきこもり  日常生..
at 2018-11-20 07:01

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校