親子コミュニケーション:オープン・クエスチョン「拡大質問タイプ」2

前回は、オープン・クエスチョン「拡大質問タイプ」の説明しました。

拡大質問タイプについてを使う事によって、

子供に回答の自由を与えられました。

また、親が子どもの行動を決めつけることなく、

自由に回答できるタイプの質問をしたため、

子どもとの言い合いや険悪なムードにならずに、

その日の行動の情報を得ることができました。

チャイルド・コーチングの会話では

オープン・クエスチョンを使うようにしますが、

さらに、オープン・クエスチョンの中でも答えの幅が広い「拡大質問」

(何を、どうやってなどで始まる質問)を使うことで

さらに会話を深めていきましょう。

f0394357_01073908.jpg











我が家の場合にも、「拡大タイプ」はよく使います。

「今日は学校から帰ってきて何をしていたの?」

答えに「宿題をやっていたよ」という

答えはほとんど帰ってきませんが、

(いつも、「○○と遊んでいたよ」です)

どんな答えでも、子どもは幅を広げてくれる

答えをしてくれると思います。

そして、会話は続いていきます。

我が家の場合、下の子は野球チームに入っています。

それを妻は手伝っていたり、

学校の関係でPTA関係の役割を受け持っています。、

子どもの友達のことは、

ほぼ知り尽くしています。

私は、そういうものに参加していないので、

さっぱりわかりません。

なので、妻に質問をし、その答え受けて、

子どもにオーブンクエスチョンの「拡大質問タイプ」をしていきます。

姉は習い事をしていて、

これも妻がかかわっています。

たまに私が迎えに行ったりしていますが、

妻の比ではありません。

そんなときもママ友の話を教えてくれます。

そんな我が家です。

これで家族のみんなが共通の話題で、

会話が弾んでいきます。

ママさん、パパさんの子どもについて

知っていることを共有して、

会話を広げていくのはどうでしょうか。

是非一度やってみてくださいね。




[PR]
by nocotoco | 2018-03-07 01:09 | 親子コミュニケーション | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の原因
at 2018-11-22 05:11
子ども達の対人関係の希薄化
at 2018-11-21 19:06
不登校・ひきこもり  日常生..
at 2018-11-20 07:01

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校