3人の私、今はどの自分?


f0394357_07060178.jpg














どんな性格であれ自分の性格がどのような傾向にあるかを知ることで、

ストレスがかかった時に上手く対処できるようにする方法があります。


それは、性格や行動の特徴的な3つのパターン「自我状態」を理解することです。

私たちは自分の中に「3つの私」を持っています。

「人間にはみな自分の内部の三つの私を持っている」

基本になる考え方です。


それぞれの私は感情、思考、行動様式に一連した

特徴があり、これを自我状態と呼びます。

さて、覚えていますか?

三つの私とはなんでしたでしょうか。



性格や行動の特徴的な3つのパターン「自我状態」

◇P:親の心-幼児期に養護者から与えられた考え方、感じ方、

       行動や発言などをそのまま取り入れた自我
   

◇A:大人の-成長の過程で様々なことを学んで身につけた自我

       事実を事実として捉え、冷静に判断して行動する部分


◇C:子どもの心-生まれながらにして持っている無邪気な部分と

         親に従ういい子ちゃんの部分


3つの強弱のバランスが、個人の性格や行動に深く関係している。

P=Parent(ペアレント)、A=Adult(アダルト)、C=Child(チャイルド)

これらの3つの自我がまとまってひとりの人間を形成していると考えます。

そして状況によってP(親の心)が強くなったり、A(大人の心)が強くなったり、

C(子供の心)が強くなったりするのです。



次の場面を想像してください。

「人と待ち合わせをして、相手が時刻通りに来ない場合、

 あなたはすぐにイライラするほうですか?

 それとも気長に待てる方ですか?
 
 そのときにどんなことを思いますか?」

このような問い掛けに対しては、答えをひとつに絞ることはできないと感じる人も多いでしょう。

仕事とプライベートでは全く違う、例えば恋人との待ち合わせ、友人との待ち合わせなど、

場面によっても全く違ってくるという人もいるでしょう。


そう、人の性格=心というのはひとつではなく、気短な自分もいれば、

気長な自分もいる。冷静な自分もいれば、落ち着きのない自分もいるのです。


では、先程と同じように質問です。遅刻してくる相手。どう思いますか。

「また遅刻しやがって。来たら叱り飛ばしてやる」


「どうしたんだろう?途中で事故にでもまきこまれていなければいいけれど」


「さっきの電車事故の影響かな。携帯電話に電話をかけてみよう」


「まずいな。彼がいないと先方にうまく説明できないし、困ったなぁ」


厳しい態度を取る場合もあれば、寛容な態度で接する場合もあるでしょう。

単純に困り果てるかもしれません。

今の遅刻のケースで考えてみます。

一つの例です。それぞれどの自我状態にいるでしょうか?質問です。

叱るのも相手を気遣うのもP(親の心)であり、

携帯に電話をかけるという今できる最良の選択をするのがA(大人の心)です。

困り果てるというのはC(子どもの心)となります。


大切なのは今、自分がどういう自我にあるかを意識することです。

ストレスがかかる状況になると、どうしても冷静な態度でいられなくなります。

他人に対して批判的になったり、あるいは過度に萎縮してしまったり、

その結果、心身のトラブルとして現れてくることがあります。


Pなのか、Aなのか、Cなのか。

今度は「3つの私」から詳しく「五つの私」を見ていきましょう。





[PR]
by nocotoco | 2018-04-27 06:33 | セルフ・カウンセリング | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の原因
at 2018-11-22 05:11
子ども達の対人関係の希薄化
at 2018-11-21 19:06
不登校・ひきこもり  日常生..
at 2018-11-20 07:01

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校