WIN-WINの関係

交流分析を使ってWIN-WINの人間関係を作ります。

4つの基本的構え

1.私はOK、あなたもOK(自己○・他者○)

2.私はOK、あなたはOKではない(自己○・他者×)

3.私はOKではない、あなたはOK (自己×・他者○)

4.私はOKではない、あなたもOKではない(自己×・他者×)

エゴグラムは自分自身の本当の姿を知ることに役立ちますが、

さらにもうひとつの重要なテーマとして「円滑な人間を係を築くこと」があります。

家族や職場の同僚、友人、仲間などと

いい関係関係を築きながら生きていきたいと願っています。

そのような人間関係を作るにはWIN-WIN(わたしはOK、

あなたもOK)の関係を作ることが必要です。

交流分析では自分と他者との関係を「基本的構え」といい、

4つのパターンに分類します。


「OK」「OKではない」という区別

◇OKの状態

安心感がある、信頼している、生きている価値がある、

楽しい、強い、役に立っている、やればうまくいく


◇OKでない状態

安心できない、信頼できない、意地が悪い、劣っている、

何をやってもだめ、失敗する、無知である、できない



この「OK」「OKでない」には、その組み合わせによって

4つのパターンに分けられることをはじめに書きました。

もう少し細かく見ていきますね。


パターン1.私はOK、あなたもOK(自己○・他者○)

      理想的な人間関係。共感と感情に包まれて、

      少しくらいの困難な状況にあってもその関係が

      揺らぐことはない。


パターン2.私はOK、あなたはOKではない(自己○・他者×)

      支配的で疑い深い人がとる態度。

      人間関係に問題が生じていても、

      本人がなかなか気づかない傾向がある。


パターン3.私はOKでない、あなたはOK(自己×・他者○)

      劣等感を持ち自分を卑下してしまう人に見られる傾向。

      表面上うまくいっているようでも、

      心の中ではストレスが溜まっている。



パターン4.私はOKでない、あなたもOKではない(自己×・他者×)

      人生には価値がない、虚しいと考えている。

      本当は他人に受け入れてもらいたいという

      強い要望を持っているが、他人が与えようとする

      愛情を拒否する。


私たちはいつも自分と他人に○×をつけながら日々の生活を送っています。

多くのケースでどちらか一方のみがOKという状態になっています。

大切なのは、今の人間関係はどのようになっているかに「気づく」ことです。

そして、できればいずれ「私はOK、あなたもOK」の関係を築けるよう訓練することが大切です。

私はどちらかというと、自分に△(×出ないところがずるいですが・・・)を付けがちです。

できるだけ〇になるよう、心の中で「OK、OK、大丈夫、大丈夫、行ける、行ける」と

自分に言い聞かせています。その場ではすぐに変化はしませんが、

癖になってくると、少しは心が言葉を聞いてくれるようになってきています。

みなさんもまずは「I'm OK」から出発してくださいね。




by nocotoco | 2018-05-28 07:01 | セルフ・カウンセリング | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校のブリーフセラピー-4
at 2019-01-13 05:17
不登校のブリーフセラピー-3
at 2019-01-12 05:16
不登校のブリーフセラピー-2
at 2019-01-11 05:14

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校