親子コミュニケーション:叱るときの5つのステップ

叱るときの5つのステップ

1.まずは子どもと正面から向き合い、

目を見合わせて話します。

  言葉を言い終わった時などに、

少し相手と目線を合わせて、

  すぐに目線を外すと良いでしょう。



2.第一声でインパクトを与え、

 子どもが話を聞く姿勢になるようにします。

「なんでこんなことをしたの?」

「悪いと思っているの?」といった

 詰問から始めるのは

あまりよい方法ではありません。

 子どもの言動を非難するのではなく、

 子どもの言動によってあなたがどのよう  

 な感情になっているかを伝えます。

 「私(お父さん/お母さん)は悲しかった」など。



3.「今日は何があったのかな?」

  「もう少し詳しく聞かせて」「それでどう思った」

  「それでどう感じた?」

  「これからどうしたいと思っているの?」 

  人は一方的に話し出すと自分の言葉に興奮して、

  やがて自己陶酔の世界に

入ってしまう状態になりやすい。

  親はそうなってはいけません。
 
  命に関わるような時は怒鳴ることも必要ですが、 

  その他の場面では怒鳴ることによる

悪影響の方が多いのです。

  また、怒鳴る行為によって

親自身が感情的にもなりがち。
  
  親の真剣さ、切実さが伝わるように、

  時には重々しい口調で、
 
  ときには穏やかにトーンダウンした状態で  

  「二度とこんなことをしてはいけない」と話してみましょう。
 
  その後、どのように思っているのか、

  今後同じことを繰り返さないために何をすればよいのか、

  子ども自身からひきだしましょう。


  残りの二項目については次回へ



[PR]
by nocotoco | 2018-08-17 04:58 | 親子コミュニケーション | Comments(0)


不登校、ひきこもり、「つらい」思いをしている方のカウンセリングをします。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校
親子コミュニケーション
発達障がい
セルフ・カウンセリング
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の子どもの気持ち
at 2018-10-22 09:46
知的障害、自閉症、ADHDー..
at 2018-10-21 06:14
知的障害、自閉症、ADHDー..
at 2018-10-20 09:34

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校