親子コミュニケーション:聴覚優位

聴覚優位

このタイプは音を優先させるタイプです。

学習では、講義を聴くだけで多くのことが理解でき、

教科書を音読で覚えたりするのが得意です。




人の発言などをよく覚えていて、

繰り返すことが得意。

音楽に興味を示す一方で、

音に敏感なので大きな音などがしていると

他感覚優位の子どもと比べて集中できません。


音を楽しんでいるので活動的には見えますが、

考えをまとめたり、

長期的な計画を立てたりするのが

苦手な子供もいます。




もう一つは体感優位(もしくは触覚優位)です。

体を動かしたり、実際に触れたりする感覚が

優先されているタイプです。




落ち着きがないようにも見えますが、

体を動かすことで理解したり、

自分のものにしたりする子どもです。

学習では、実験などが得意で、

体を動かしながらだと

記憶しやすい特徴を持っています。




説明書を読んだりするのは苦手で、

色々いじりながら理解するのが得意です。

体感が優先されているので、

しばしば落ち着きがないと思われがちです。




[PR]
by nocotoco | 2018-08-27 06:42 | 親子コミュニケーション | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の原因
at 2018-11-22 05:11
子ども達の対人関係の希薄化
at 2018-11-21 19:06
不登校・ひきこもり  日常生..
at 2018-11-20 07:01

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校