親子コミュニケーション:自分で解決策を発見

チャイルドコーチングは、

「子供が自分で気づいていなかった解決策を発見し、

自分から行動させる」ことが最終目的。

これまで学んできたスキルは、

子供に行動させることが目的です。




これまで学んできたスキルは、

子供に行動させることが目的です。

これまでのステップで以下のような

チャイルドコーチングをすすめてきました。

今回、少し振り返ってみましょう。




フィードバック

コーチングでの「フィードバック」とは、

今まで聞いた話から、

あなたが感じたことを子供に話すことです。

つまりあなたからの「感想文」のようなもの。




あなたからフィードバックをもらうことで、

子供は「話を聞いてもらうことや

共感してもらうこと、

質問に応えて考えること」という助けを得ても

到達できなかった考えに

足を踏み入れることができるです。





人間は自分がよく見えないものです。

そこで、フィードバックを得ることで、

客観的に自分がどのような位置にいるのかを確かめ、

調整することができるのです。

つまり、子供は親からのフィードバックを

聞いて自分を軌道調整するのです。





[PR]
by nocotoco | 2018-09-01 07:32 | 親子コミュニケーション | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

ひきこもり 父親回避
at 2018-12-12 07:44
現在進行形でサポートする-親..
at 2018-12-11 06:46
目標達成のサポート 親子コミ..
at 2018-12-10 06:23

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校