不登校:小学5年生 自閉症のE君の世界

E君は小学校5年生の自閉傾向のある

子どもで不登校の男の子です。

建築に興味があると

親御さんから聞いていました。

私は国語を担当し、

漢字の学習と学校の補習を中心に進めていきました。



初めて会った時に、お互い自己紹介をします。

私は「建築の設計をしていること、趣味のこと、

同じ年の子どもがいること」などを話しました。



E君は名前と学年、好きなこと

  =建築現場を見ることを話してくれました。

私たちは2人の関係を「建築」を

共通なものとしてつくっていきたいと思いました。

あまりしゃべらない私はE君に質問してみました。

「何か、目標みたいなものある?」

その答えは、かなり飛躍的なものでした。

E君の目標は

・世界の休日を増やしたい。

・学校を取り壊し、大きな公園をつくる。

・毎日が課外授業。

・お金持ちになり、レーザーポインター付きライフル(BB弾)を買う。

・家全体でゲームをする。

・家の構成は、1,2階が漫画部屋、2階はおもちゃ部屋、

 3階はゲームのソフト保管の部屋、4階はゲーム機の部屋、

 5,6階はいろいろできるただただ広い部屋、ゲームをして漫画を読む。

 吹抜けがあり、屋上がある。勉強部屋はない。



・悪い人がいなくなって、ゲームがあって、

 暮らせる施設があればいい。

ということで、かなり具体的でした。

非常に閉じた自分の世界をつくりたい、

という印象を受けました。



勉強が嫌い?、人と会いたくない?

周りにいい人がいない?

ん~なかなか個性的な生徒だなぁ。

さてさて、学習を始めますか。



まずは、漢字の書き取り。ほぼ正解。

つなぎ言葉、指示語、全問正解。

作文はどうやって作っていいか

わからないというので、

キーワードをいくつか挙げてもらって、

それに付き足し付き足しで

言葉を増やしていくという説明をしました。

なんとなく文章に近いものはできました。

作文とはまだ言えない状態です。

全体的に勉強はよくできていました。



最後に、建築の課題をやってもらいました。

1枚の紙を使って、橋形をつくり(コの字型)、

消しゴムを乗せても落ちないものをつくる、というものです。

かなり真剣に考え、

何度も試行錯誤し正解にたどり着きました。

これはすごい。大人でも分からない人がいるのに。

(頭が固くて大人には解けないのかも・・・)



結構それがうれしいようで、満面の笑顔です。

そんなこんなで、学習の開始です。

放課後等デーサービスのこの塾ではとてもよくできた子。

しかし、学校では・・・

次回はE君の不登校に関してお話します。




[PR]
by nocotoco | 2018-10-13 06:46 | 不登校・ひきこもり | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の原因
at 2018-11-22 05:11
子ども達の対人関係の希薄化
at 2018-11-21 19:06
不登校・ひきこもり  日常生..
at 2018-11-20 07:01

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校