私自身の心と感情-7

父の状態は高校に入ってからも、

続いていました。

調子のすごく良いときと、

寝ているとき。交互に現れてきます。

その頃も相変わらず、

入退院を繰り返していまし。

そして、私が十六歳の時に

初めて父はうつ病という病気であることを聞きました。

その時は「うつ病」とはどんな病気なんだろうか、

そんな感じで、深く考えませんでした。

当時はパソコンもなく、

インターネットで調べる方法などありませんでした。

どんな病気かもわからなかったのですが、

父はものすごく元気なところと、寝ているところ、

いつも両方見ていました。



父の様子を見ていると、

どのような病気のことかは

全く分からない状態でした。

そして、思い返すと、病院に行ったときに、

母から父の病気のことを聞いていたようでした。

いつも、変わらない状態なんだな、

と私は安心をしていました。

「うつ」がどんな病気か知らないので、

母の言葉の通り「悪化はしていない」と思っていました。

高校の入学式にも来てくれました。

一緒に電車に乗り、最寄り駅でおり、

学校へ向かいました。

その時の父は、とても元気です。

いつか治るものだと聞かされていたので、

不安はありませんでした。

帰りにレコード屋に寄ってくれて、

「ほしいものがあったら買ってやるぞ。

 さあ、選んで」と言ってくれました。

ほしいレコードはたくさんありましたが、

なぜか、

「うん、でも今は欲しいものがないからいいよ」

と答えてていました。

父に甘えるということができなかったのです。

これも理由がわかりません。

なぜだろうか。

なぜ甘えることができないのだろうか。
 


高校二年の時に明らかに

父親の様子がおかしいときがありました。

「仕事で失敗をしたから、

 三千万円必要だ。どうしよう」と、

私たちの前で考え込んでいた時でした。

突然の話に、私は何が何だかわからず、

何故か怒りだけがこみあげてきて
私はそのまま部屋を

出て行ってしまいました。

「そんなことはないから大丈夫だから」という

母と兄の声が聞こえてきました。

何のことを言っているのか全くわかりません。



父のあのような姿は見たことはありませんでした。

元気な時は、すごい勢いで仕事をしていたし、

寝ているときは静かでした。

入院の見舞いの時も落ち着いていました。

どうしたのだろう、

何故か怒りと疑問が私の心の中に

複雑に絡み合っていました。



 高校に入学してからは、友人も増え、

楽しい日々が続きました。

友人関係以外にも、部活、学園祭、

どれも楽しかったことを覚えています。

高校生活も慣れてくると、

親しい友人が増え、部活のない日は、

放課後に彼らと近くの繁華街で

遊ぶことが多くなってきました。

喫茶店に行って、なんということのない話をして、

時間が過ぎていき、

学校の内と外がつながった感じでした。

部活、放課後の遊び、とても楽しく、

充実した日々を送っていました。



高校生活1年を過ぎたところから、

何故か小学校の時に中の良かった友人達とも、

再び交流を持つようになり、

とても楽しい高校生活となっていました。

部活のない日が、

楽しさでどんどん埋まっていった。

家での生活と言えば、

帰りが遅くなったということくらい。

父の状況は変わらず、

病気のこともわからず、

相変わらず兄のことはよく分からず、

何も変わらない日々でした。

悩みも特にこれといったものはなく、

可もなく不可もない生活。

それが心地よかった、そのことははっきりと覚えています。





[PR]
by nocotoco | 2018-11-09 06:02 | 私自身のこと | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の原因
at 2018-11-22 05:11
子ども達の対人関係の希薄化
at 2018-11-21 19:06
不登校・ひきこもり  日常生..
at 2018-11-20 07:01

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校