2018年 05月 11日 ( 1 )

各性格・行動を上げる方法 

f0394357_04470073.jpg



















今回は、各性格・行動を上げる方法についてお話しますね。

◇CP(厳しい私)

①「私はこう思う」という自分なりの考えを

言葉で伝えられるよう練習する。

②自分の意見を言ったうえで、

 周囲の意見にもよく耳を傾ける。

③決定したことは必ず実行し、最後までやり遂げる。

④子供や部下の過ちはすぐに指摘して直させる。

⑤これ以上は譲らないというポイントをきめる。

ただし、自分でこれをやり通すのは大変なことです。

そもそもこれらができていないからCPが低いのですから。

その場合は、家族や友人、同僚、仲間などに

協力してもらって実行するのがいいでしょう。
 


◇NP(優しい私)

①相手を褒めたり、認めたりする言葉をかける。

 「大変だね」「そうなんだ」「期待しているよ」など。

②相手のよいところは積極的に褒める。

③個人的に相手に関心がある事を伝える。

 「いつも気にかけているよ」という姿勢を見せる。

④相手が間違っていても、欠点を理解して

 許すくらいの度量を見せる。

⑤常にプラスの関係を保つ。相手の話を最後まできちんと聞く。

具体的には、なるべく相手の長所を見つけて褒める、他人の悪口は言わない、

相手に対して「あなたは大切な人だ」という態度で接するようにすることです。



◇A(冷静な私)

①人と話をしていて、わからないところは

 そのままにしないで、自分が理解できるまで尋ねる。

②興奮したまま話をするのを控える。

③「それはこういうことでしょうか」と確認しながら話を聞く。

④問題が生じた時は、結果を予測して考え、

 問題全体を高い視座で見つめ直す。

⑤まずは分析を試み他に問題解決法がないか、

 選択肢を挙げてみる。

②に関しては 「少し考えさせてください」などとワンクッション置くように心がけてみます。

他には言いたいことやしたいことがあったら、

一度文章にしてみると自分の考えが整理されます。

自己を客観化して見つめ直してみましょう。

どうしていいか分からない時は、

「他の人ならどうするだろうか」と自分を客観的に見つめる癖をつけるのがいいでしょう。

今回はP,Aについて書きました。

次回はCについて書きますね。








[PR]
by nocotoco | 2018-05-11 04:52 | セルフ・カウンセリング | Comments(0)


不登校、ひきこもり、「つらい」思いをしている方のカウンセリングをします。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校
親子コミュニケーション
発達障がい
セルフ・カウンセリング
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の子どもの気持ち
at 2018-10-22 09:46
知的障害、自閉症、ADHDー..
at 2018-10-21 06:14
知的障害、自閉症、ADHDー..
at 2018-10-20 09:34

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校