2018年 10月 02日 ( 1 )

学習障がいについて

学習障がい(LD)とは?


全般的な知的発達は問題なく、


読む、書く、話す、計算するなど、


特定のものの1つ、


あるいは複数が困難な症状を学習障害といいます。


「他のことは人並み以上にできるのに


特定のことだけがどうしてもできない」


といったケースもあり、


苦手分野についての努力不足だと


勘違いしてしまう場合もあります。


学習障害は脳機能の障害とされていますが、


育て方や環境によるものではなく、


その原因はまだはっきりと解明されていません。


・ディスレクシア(読字障がい)


 似た形状の文字が理解できない、


 読んでいる場所を見失う、

 逆順に読んでしまう、

 読んだ内容が理解できない

 といった文字を読むことが困難な障害です。

 整然と並んだ状態の文章でも、

 ディスレクシアを持った人の目で見ると

 文字が「踊る」「動く」「かすれる」

 といった状態で認識されるので、

 症状のレベルにもよりますが

 教科書を読んだり黒板の文字を書き写したり

 といったことが大変難しくなります。


・ディスグラフィア(書字障がい)

 文字を書くということが困難な障害です。

 授業中に先生が黒板に書いた内容はわかるのに
 
 自分のノートに書き写すのが難しかったり、

 文章をうまく書けない、鏡字を書いてしまう、

 文字や読点をうまく書けないといった症状があります。
 
 「伝」という感じを何度も練習しても

 「にんべん」が書けず「ぎょうにんべん」を書いてしまう。

 そのような特定の文字に対して

 「書けない」という場合もあります。


・ディスカリキュラ(算数障がい)

 算数で使用する数字や記号を理解・認識できず、

 計算ができない障害です。

 繰り上がりや繰り下がりが理解できない、

 数の大小が理解できないといった症状があります。

 「数」を不得意とし、

 数と現実世界との関係性が

 理解出来ない傾向があります。


ホームページはこちらです





[PR]
by nocotoco | 2018-10-02 06:08 | 発達障がい | Comments(0)


不登校、ひきこもり、「つらい」思いをしている方のカウンセリングをします。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校
親子コミュニケーション
発達障がい
セルフ・カウンセリング
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の子どもの気持ち
at 2018-10-22 09:46
知的障害、自閉症、ADHDー..
at 2018-10-21 06:14
知的障害、自閉症、ADHDー..
at 2018-10-20 09:34

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校