2018年 10月 03日 ( 1 )

親子コミュニケーション フォローアップ

定期的なフォローアップは、

これまでのコーチングスキルの繰り返しです。

目標を設定した時のように

長い話し合いが必要になる場面も

あるでしょうし、短い質問の対応だけで、

子供が目標修正できる場合もあります。

基本のステップはすべて同じです。




質問する (解決策はあるか、別の見方ができるか導く)

親:その問題は友達と話してみた?


承認する

親:●●君は友達のことをよく考えているんだね。
  とても優しいと思うよ。


リクエストする(提案方式で行動を促します)

親:少し複雑な問題のようだから担任の先生にも話せるかな?
 
   問題解決の助けになってくれるかもしれないね。



聴く、共感する、質問する、

承認する、リクエストする、

これの繰り返しです。

なかなか根気のいる作業です。

しかし、これらの言葉を日常で使ってくと、

癖のようになり、考えることなく

普通に出てくるようになります。




子供を信頼しましょう。

フィードバックする時にとても必要なことは

「自分の子供は約束を達成できる、

     目標を達成できる」と信頼すること。

「ほら、やっぱりできないんじゃないの?」

という気持ちがあれば、

それは必ずフィードバックに現れてしまいます。



子供への信頼は親から子供に必ず通じ、

子供も目標達成ができると信じるようになります。

その為には、「承認スキル」で学んだように、

日々子供への関心と

観察を続けることが必要です。

信頼は必ず伝わります。

頑張っていきましょうね。


ホームページはこちらです








[PR]
by nocotoco | 2018-10-03 05:21 | 親子コミュニケーション | Comments(0)


不登校、ひきこもり、「つらい」思いをしている方のカウンセリングをします。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校
親子コミュニケーション
発達障がい
セルフ・カウンセリング
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の子どもの気持ち
at 2018-10-22 09:46
知的障害、自閉症、ADHDー..
at 2018-10-21 06:14
知的障害、自閉症、ADHDー..
at 2018-10-20 09:34

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校