2018年 10月 29日 ( 1 )

不登校 親の接し方 親子コミュニケーション

不登校の解決で重要なのは、

親の子どもへの接し方であり、

子どもへの接し方が回復のカギとなります。

どんなカウンセラーも、

親の力にはかなわないそうです。


これを逆に言うと、

親の接し方が間違っていたら、

子どもの問題行動は、

ますます深刻な状態に陥りかねない。


親は子どものためになると

思っているのに、

それが逆効果になることがあります。



万策尽きたと思って

カウンセリングに訪れるケースでは、

実際にそういうケースが少なくないそうです。



親に頭を切り替えてもらい、

子どもに対する接し方を

変えるようにアドバイスをするということだそうです。

その結果、子どもの問題行動はおさまり、

やがて回復に向かいます。


大人同士なら、接し方を変えると

相手の態度が変わることは

当たり前のことですよね。

しかし、自分の子どもになると

そうは考えようとしません。



子どもが一人前の人格を持った

人間であることを

忘れてしまっているということです。



良きにつけ、悪しきにつけ、

思春期の子どもにたいする親の影響は

極めて大きいということです。

ここで重要なことは、

親子関係を見直すことで回復に向かうことを

しっかりと考えるということです。


前にも書きましたが、

親子の距離感、

親子コミュニケーションの取り方。

それが不登校回復の

重要なカギになります。

ホームページはこちらです



[PR]
by nocotoco | 2018-10-29 06:37 | 不登校・ひきこもり | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の原因
at 2018-11-22 05:11
子ども達の対人関係の希薄化
at 2018-11-21 19:06
不登校・ひきこもり  日常生..
at 2018-11-20 07:01

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校