2018年 11月 03日 ( 1 )

私自身の心と感情-1

突然ですが、これから私自身のことを

書いておきたいと思いました。

これまで、不登校、ひきこもりのことを

書いてきましたが、

私地震の経験が少なからず

関係していると思ったので。



今、私は50代で、自営業をしています。

人とちょっと変わった時間を歩んできました。

「精神的な不登校」

「仕事を休んで1年」

その経験から、不登校、ひきこもりの人の

問題の取り上げ方が、とらえ方が

少々違うかもしれません。

では早速、私自陣のことを書いていきます。



今思い起こせば、つらいことがいくつもありました。 

いつも体にのしかかる重いつらさの中で、

そのたびにどのように超えていけばいいのか、

そればかり考えていました。


日常の中には苦しみがいつも存在していました。

そして今でもその中にいます。

いつになったら心は少し軽くなるようになるのだろうかと、

毎日そう思っています。

もう、父の死から三十五年がたち、

自分も父の死の歳を超え、五十歳を過ぎたころです。



これまでは自分の周りには苦しみばかりでした。

突然襲ってくる苦しみは今でもなくなりません。

何事もない平穏な日々が乱されます。

突然の苦しみは完全になくなることはないでしょうから、

やり過ごすことを覚えた、ということです。


皆さんの中にも、そういうものはありませんか。

フラッシュバック。

苦しい思い、突然記憶によみがえる嫌な思い出。


友人・知人の死、必ずフラッシュバックします。

ありありとその時の情景がよみがえります。

まるで、今、目の前で起きているように、

あの時の経験をもう一度しているように。

そこから抜け出せるのだろうか。

なくなることはない出来事。

それが少しでも軽くなるように

していきたいと思っています。

どうやって乗り越えてきたかを、

少しでも感じてもらえれば幸いです。



少しずつ、少しずつ、

苦しさの中で少しずつ。

消えることのない事実を、

苦しみではなく、

思い出の一つになるように。

Sere.C.R.


[PR]
by nocotoco | 2018-11-03 07:33 | 私自身のこと | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の原因
at 2018-11-22 05:11
子ども達の対人関係の希薄化
at 2018-11-21 19:06
不登校・ひきこもり  日常生..
at 2018-11-20 07:01

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校