2018年 11月 19日 ( 1 )

不登校・ひきこもり 私なりの解釈

これまで長々と

自分のことを書いてきましたが、

これまでのことを振り返って、

自分にとって、

人とは違う死生感のようなものが

あると思っています。



父の自死によって

高校のときは精神的に

人と交わることなく、

大学のときは高校からの反動なのか、

好き勝手なことをし、

社会人ではうつになり

ひきこもりになり、

その後もうつと付き合いながら、

いろいろな本を読み、

自分なりの方法で、

やっと自分に戻ったような

気がしています。



「死」に対する考えには、

人とは違うものがあると思っています。

自分にとってとても

身近にある気がしています。

隣にあるような、そんな感じです。

自殺念慮などは全くありませんが、

いつでも「死」は近くにいます。

それが自分のことでも、

「そういうものだったんだな」

そう感じながら

逝ってしまう気がしています。

自分の経験から、

不登校・ひきこもりを

自分なりの解釈で書いていくところも

あると思いますので、

予めご了承ください。

ホームページはこちらです











[PR]
by nocotoco | 2018-11-19 06:16 | 私自身のこと | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

ひきこもり 父親回避
at 2018-12-12 07:44
現在進行形でサポートする-親..
at 2018-12-11 06:46
目標達成のサポート 親子コミ..
at 2018-12-10 06:23

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校