2019年 01月 01日 ( 1 )

家庭内暴力-4

家庭内暴力、家族以外の外部に

家庭内暴力の状態が知られることは、

ほとんどありません。

親や家族が極秘で、児童相談所や

精神保健福祉関係、警察関係に電話で

相談する場合が多いのです。



家庭教師をしていたご家庭でも、

お母さんはそのように言っていました。

外の人に知られたくない。

警察をよんだ時も、

誤記所には別の理由で説明した

と言っていました。

もしかすると、父親にも

言っていないかもしれません。

会話の感じからして、

恐らくそうだと思いました。



話を聞いていると

その暴力は想像を絶する以上に激しく、

暴力を振るわれた、

特に母委縮させていました。



激しい暴力の恐怖を味わい、

思い余って暴力を振るう

わが子に手をかける親が

いるくらいですから、

家庭内で誰にも知られることなく、

大変なことが起こっているのです。



思春期の家庭内暴力児の多くは、

家の外では、「素直で真面目でとても良い子」

で通っています。

家庭教師をした子もまさにその通りでした。

自分にとってはかなりの負担があっても頑張り、

他人から褒められるほどの無理をして、

困難なことでもやり遂げます。



自分から積極的に自己主張的な

意見を言うようなことはしません。

自己主張はせず、周囲の人々、

とりわけ権力者の主張に忠実に従います。

例えば、学校の先生、暴力をふるうクラスの子。

権力者や影響力が強い人の言うことなら、

最大限の努力をして、要求を実現します。



そのためには「大切にしたい自分自身」をも

犠牲にしなければなりません。

多くの場合、心の中では怒りまくっていますが、

外部には絶対に悟られないように振る舞います。



そのような子どもが自宅に帰り、

母親の顔を見た途端に、不機嫌になり、

言いがかりをつけては暴力をふるいます。

親がどんな言い方をしても収まらない怒りを

心の中に抱え込んでいるからです。

ホームページはこちらです



by nocotoco | 2019-01-01 05:55 | 不登校・ひきこもり | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校のブリーフセラピー-4
at 2019-01-13 05:17
不登校のブリーフセラピー-3
at 2019-01-12 05:16
不登校のブリーフセラピー-2
at 2019-01-11 05:14

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校