人気ブログランキング |

2019年 01月 05日 ( 1 )

心の病気を疑う

心の病気から不登校を起こす子どもがいます。

病気ですから、診断も治療もできます。

比較的多いのがうつ病だそうです。



これまで、子どものうつ病は

あまり知られていませんでしたが

大人と同じように、

珍しい病気ではないことが

分かったそうです。



大人のうつ病は、憂うつ、

もの悲しい、気持ちが重く沈み込む、

イライラするなどの

気分に陥ります。

物事に対して興味や喜びを感じられなくなり、

意欲が低下します。

自律神経失調のため、睡眠障害や

食欲不振が伴うことがあります。

私は社会人でうつ病になりました。

まさに上に書いた状態でした。



大人のうつ病なら、元気がなくなり、

ふさぎこむことが多いのですが、

子どものうつ病の場合は抑うつ気分よりも、

イライラ感や怒りっぽさが目立つそうです。



親に反発したり、投げやりになったり、

親の困ることをあえてするようになるそうです。



大人でもうつ病になりやすいのは、

几帳面で責任感が強い、

完璧でないと気が済まないタイプと言われています。



子どもも「責任感が強いよい子」に多いそうです。

親や教師などの周囲の期待に応え、

意に沿おうと必死に頑張り、

その結果、疲れ切ってしまう。



治療は、比較的軽ければ精神安定剤だけで改善されますが、

重いようなら休学してカウンセリングなどの心理療法と

薬物療法を行うそうです。



うつ病は長引くと重症化しますので、

家族だけで頑張れる病気ではありません。

なるべく早く心療内科などで

見てもらうことが大切です。

ホームページはこちらです




by nocotoco | 2019-01-05 05:03 | 不登校・ひきこもり


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

検索

最新の記事

不登校のブリーフセラピー-4
at 2019-01-13 05:17
不登校のブリーフセラピー-3
at 2019-01-12 05:16
不登校のブリーフセラピー-2
at 2019-01-11 05:14

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校

その他のジャンル