2019年 01月 11日 ( 1 )

不登校のブリーフセラピー-2

不登校の難しいところは、ゴールや目標の

バリエーションを見出すことが

難しいところにあります。

具体的には、不登校の目標が、

学校に行くことや

社会生活を送ることに限定されがちであると

思われるからです。



いろいろなよい変化がかりにあったとしても、

家族や本人は

「でも、まだ学校に行くことができない」

というところに立ち戻ってしまいます。

つまり、0か1、あるいは白か黒、

ということになってしまいます。



長年問題を抱えていることも珍しくないでしょうから、

無理もないことです。

家族にしてみれば、だんだんと時間との

闘いにのようになってしまい、

焦りが募ってくるので、少々の変化では

安心できない傾向はさらに強まります。



当事者にも不安はあります。

しかし、家族の前でのその不安は

なかなか表明できません。

不安を表明すれば「では、学校に行きなさい」、

あるいは「病院やカウンセリングに行きなさい」と

言われてしまいかねないと考えているからです。

しかし、一歩踏み出すまでの自信がまだあるわけではないので、

不安や心配事について口に出すことができません。




家族はそのような本人の姿を見て、

「まったくやる気がない」とか、

「自分の将来に無関心だ」と感じてしまいますが、

そうではなく、自分の将来については、

誰よりも考えているにもかかわらず、

それを口に出せない状況にあるのです。

ホームページはこちらです



by nocotoco | 2019-01-11 05:14 | 不登校・ひきこもり | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校のブリーフセラピー-4
at 2019-01-13 05:17
不登校のブリーフセラピー-3
at 2019-01-12 05:16
不登校のブリーフセラピー-2
at 2019-01-11 05:14

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校