不登校の子どもの気持ち

「不登校」

私の時代(50代です)には「登校拒否」と言っていましたが、

いつの間にか「不登校」というようになりました。

何が違うのでしょうか?


「登校拒否」は

「私は学校に行かない!」

というようにとても主張があるような感じがします。

「不登校」は本によれば

「行きたいのだけど、行けない」

そういうニュアンスがあるそうです。

いろいろな本を読んでいますが、

ほぼ全部、「行きたいけどいけない」

(怠惰・不良行為なものは除いて)と書いてあります。

気持ちと体とがちぐはぐな感じなのでしょうか。

とにかく本人はとてもつらいということですよね。


表面的には、普通に過ごしているように見えても、

心はもやもや、頭ではいろいろなことを考えている。

テレビばかり見ている、ゲームばかりしている、



自分が親の立場だったら「おい、おい、おい、・・・」と

突っ込みたくなるかもしれませんが、

子どもなりに必死に悩んでいるのでしょうね。


その子たちが持っている、

「学校の雰囲気が嫌だ。

 なんとなく周りと合わせているあの感じ」


「学校って何のためになるの?

 勉強は自分でできるし、

 友達とは放課後遊べばいいし」


私は高校のときに、

精神的な不登校が1年半弱ありました。

学校には行っていたので「不登校」ではないのですが、

体は行っているのですが、

気持ちは全くそこにありませんでした。

そういう子どもは結構いると思っています。



父を事故で亡くし、長い間放心状態が続いていました。

物理的に「不登校」になると、

更に母に心の負荷がかかってしまうので、

これ以上の心の負荷を掛けたくないので、

とりあえず行っていました。



学校では、声を掛けてくれる友達はいましたが、

すべてに対して生返事で、やり過ごしていました。

授業中は、ずっと「この先のこと」をぼーっと考え、

休み時間も、同じく「これからどうすればいいのか」

そんなことをずっと考えており、

当然勉強は身につかず、

家でも何もしない。



思うことは「何のために学校なんてあるんだろう」

ということばかりでした。

誰が嫌い、ここが嫌だ、ということは一切なかったですが、

とにかく一人の時間が欲しかった。

あぁ、嫌なことが一つだけありました。

教室で馬鹿笑いしている人達。

その人たちは全く悪くないのですが、

心の中では

「勘弁じてくれよ。静かにしていてくれよ」

と思っていました。


ものを考えなくなってしまっていました。

不安で不安で仕方がないのです。

毎日がつらい。

物理的な「不登校」と紙一重でした。


不登校の人が考えている、

「人との付き合いが薄っぺらくて意味を感じない」

という感触。

その頃は私もすごく強く感じていました。


私の中で唯一、してははならないこと、

先にも書きましたが、父の死による環境の変化に関してです。

それはこれ以上、母の心労を増やさないということでした。

高校3年でしたので、大学受験の時期です。

大学行かないで、働こうかと思っていましたが、

そのことを母に告げると「大学は出ておきなさい」。

その通りに考えを整え、受験準備に入りました。


母の心労を増やさない、

結局は母の言うことを聞く、

ということになっていました。



今思えば、受験の時期と母の言葉とが

自分の気持ちに区切りをつけることができたと思います。

無気力感はなくなりました。

ただ感情はまだ持つことができないでいました。



不登校は、気持ちを休める、体も疲労も休める。

とても必要なことだと思います。

まじめな子ほど多いといいます。

少しはゆっくりしたほうがいいと思いますので、

私としては、不登校は「あり」と思っています。



そこで、次に出てくるものが「ひきこもり」です。

不登校からひきこもりへつながっているということ。

どこからが、ひきこもりなのかはわかりませんが、

本によると、

「不登校が長期化し、ひきこもりになる」

よくわからない説明です。


なんとなく変化していくものなのでしょうか。

私は、不登校とひきこもりは違うものだと思っています。

思う対象が違うのかなと思っています。

不登校はその言葉通り、

学校が対象のメインで(そんな単純なことではないとは思いまが)す、

ひきこもりは社会的交流のなさで、思いの対象は自分、社会なのだろうか。

ぼやぁとした感じですが、私の気持ちとしてはそんな感じです。



でも、そんな簡単なものではないのでしょうね。

これといったきっかけもなく、

グラデーションで徐々に変化していくものなのでしょうね。

でも、変化のところには何かがあるのではないかとも思っています。

「行きたくても」の部分がなくなってしまうのでしょうか。

でも、自分で読んだ本には、

変化のきっかけは書いてありません。

変化していないのでしょうか。

長期化しているかどうかなのでしょうか。


社会に入って、

今度は本当にひきこもり状態になったことがあります。

物理的にです。

自分にとっての「不登校」と「ひきこもり」は

全く違ったものでした。

この話はまた別の機会にします。


支離滅裂な内容ですみません。

ホームページはこちらです








[PR]
# by nocotoco | 2018-10-22 09:46 | 不登校 | Comments(0)

知的障害、自閉症、ADHDービジョントレーニング

休憩はその日の様子を見て決めます。

今日あった出来事などを

お話をする休憩。


もう一つはジオボードを

使っての気分転換。

今日は大好きなジオボードにします。

ジオボードとは

ビジョントレーニングで使われ教材で

大好きな輪ゴムを

いくつものピンがついている

板に引っ掛けて

いろいろな形をつくるものです。

f0394357_06133897.jpg














ビジョントレーニングとは、

目で見る力を高めるための

訓練の方法です。

今日は、大好きなジオボードにします。

私が初めに形をつくって、

「これと同じものをつくってみて」

黙々と輪ゴムをかけていきます。

「じゃあ、次はこれね」

もうこちらを見ていません。

自分の好きな形をつくっています。

これはとてもいいことです。

集中してやっています。

休憩時間が終わるまで、

ジオボードをやってもらいます。



「さてさて、時間が来たから、これは終わりね」

かなり集中しているらしく、

止まりません。

それもよし。

もう少しだけやってもらいましょう。

好きな形ができたようで、

ここでジオボード終了。

十分、気分転換ができたようです。



次は国語です。

C君は書字嫌いなところがあります。

平仮名をうまくかけないところがあるのです。

例えば、「ほ」という字。

右側が「ま」のように、

上に線を突き出して

書いてしまうことがあります。

さてさて、そのようなときのどうするか。

この先は次回に。

ホームページはこちら

[PR]
# by nocotoco | 2018-10-21 06:14 | 発達障がい | Comments(0)

知的障害、自閉症、ADHDー気持ちの波

授業の開始にあいさつをします。

「これから授業を始めます。」

まずは得意な算数、

繰り上がりのない足し算です。

いつもの通り、

素早く答えを書いていきます。



調子が良さそうなので、

繰り上がりのある足し算プリントを出します。

しかし、「これ、やらない~」ときました。

こちらも負けじと「ちょっとやってみようよ」

「絶対やらないから」

喰いつきます。「一つだけやってみよう」

やはり、やろうとはしません。



だんだんと、顔がくもってきます。

泣いてしまうこともあります。

無理にやらせると

、苦手意識が強くなるので、

繰り上がりは中止です。


日によっては、

やるときもあるのですが、

今日は気分が乗らないのかな。

素早く、「じゃあ、次来れをやろう」

繰り下がりのない引き算です

これはスラスラと解いていきます。


ひとつずつ丸を付け、

そして、大きな花丸を書きます。

でも、反応はいまいちです。

問題が終わってから、

ぼーっとしています。

ADHDの特徴で、集中力が続かない、

気が散ってしまうという症状があります。

今はその状態なのかなと思い、

少し間をあけます。


今日は調子が乗らないようです。

「さぁ、次はこれをやろうか」

用意したプリントを半分に折り、

問題の数を少なくします。

調子が戻ってきたようで、

これもスラスラと解いていきます。



今日の九九も予定変更。

できている4の段にします。

九九表を見ないで、思い出しながら

じっくりと答えていきます。

ここで、休憩に入りました。

今日のC君は波が多いなぁ、という感じです。

休憩の間に、頭の中で次の手段を講じます。

さてさて、うまくいくかどうか。












[PR]
# by nocotoco | 2018-10-20 09:34 | 発達障がい | Comments(0)


不登校、ひきこもり、「つらい」思いをしている方のカウンセリングをします。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校
親子コミュニケーション
発達障がい
セルフ・カウンセリング
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の子どもの気持ち
at 2018-10-22 09:46
知的障害、自閉症、ADHDー..
at 2018-10-21 06:14
知的障害、自閉症、ADHDー..
at 2018-10-20 09:34

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校