<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

親子コミュニケーション:オープンクエスチョン限定タイプの質問例

「オープン・クエスチョン限定タイプ」の質問例


親「今日は誰と遊んでいたの?」

子「誰とも遊んでないよ」


このタイプの質問は「クローズド・クエスチョン」より

答えの自由にありますが、

質問の一部が断定されています。

穏やかな態度で質問すれば

子どもから的確な答えを得ることができますが、

質問の仕方によっては、

クローズド・クエスチョンと同じように威圧的にもなります。

帰宅後に「遊んでいた」という前提で話が始まっているので、

「帰宅後、本気前に勉強していた」という答えがあっても、

この質問の仕方では素直な答えは引き出せません。

f0394357_03372600.jpg




































オープンクエスチョンの限定タイプの難しいところは、

何を「限定」するかということです。

子どもの様子をよく見て、

子どもの周辺のものをよく見て、

例えば、机の上(教科書が出ていれば=宿題をやっていた)

玄関(遊び道具が置いてあった=遊びに行っていた)等々。

子どもをその周辺も含めて、

よく観察してみてオープンクエスチョンの

「限定」を考えてみてください。



我が家の場合は、ちと面倒なのです。

テレビがついているから「宿題は?」と聞くと、

「今やってるよ」という答えが返ってきます。

「えっ!?」という感じです。

このパターンは結構はっきりしているので、

何気なく近づいて行って、

宿題をやってそうだったら、

「おっ、宿題やってんだね。

テレビ消しておくね」と言って、、

何気なくテレビを消します。

子どもの行動を理解するのは

本当に難しいですね。



ホームページはこちらです




[PR]
by nocotoco | 2018-01-31 03:38 | 親子コミュニケーション | Comments(0)

親子コミュニケーション:オープンクエスチョン、クローズドクエスチョン

今回は、各タイプの質問の質問例の話をしますね。

クローズド・クエスチョン

親「今日も○○君と遊んでいたんでしょう?」
 (「Yes」「No」だけでしか答えられない質問)

子「違うよ、きめつけないでよ」

これは、子供の話を聞く前に

答えを決めつけている質問方法です。


クローズド・クエスチョンで質問された子どもは、

「どうせ親は答えを決めつけているに違いない」

と感じ、「関係ないでしょ」などとはぐらかし、

質問自体に答えようとしないかもしれません。



また答えが「はい」でも、

自分の身を守らなくてはいけないと身構えてしまい、

思わず「違う」と嘘をつきたい

気持ちになってしまうかもしれません。


これまた難しい。

親にしてみればただ純粋に聞きたいだけなのに、

子どもとしては「なんだよ、なんだよ」ときてしまう。

質問の仕方ついて共通なのは、

質問の内容もそうですが、

質問する時の「言い方」ですよね。

日頃、答えやすいような会話をしているかどうか、

親が一方的な話口調で会話をしていないか、

一度チェックしてみましょう。

私も考えてみたことがあります。

結構一方的な物言いであることを痛感しました。

それ以降、質問する方も、

答える方も楽しくなるような、

コミュニケーションのきっかけになるような

質問をするように心がけています。


f0394357_03103796.jpg
































オープンクエスチョン:「限定」と「拡大」

親「今日は誰と遊んできたの?」(誰=Who)

子「うん、○○君と遊んできた」

親「何をして遊んだの?」(何=What)

子「○○で□□して遊んできた」

子どもにとっては少しずつ、

自分で考える方向へ行くので、

親が質問する前に、

次々と話をしてくることがあります。

その結果、意識しない形での

質問で会話が続いていきます。

我が家の子ども達も、

最初は言葉数が少なかったけれど、

質問の種類をいろいろと変えて話していくと、

自分からどんどん話してくれました。

毎回、うまくいくというわけではありませんが、

一つの技術として持っておくことは

いいことだと思っています。

下の男の子の場合は、

「何して遊んできたの?」という質問の後、

「ゲームだよ」「このゲームね○○でねぇ。そしてこれが・・・」という感じで、

どんどん自分で話をしてくれました。

やはり自分の興味があることについては

話したがっているのですね。

日頃から、何をしていることが多いか、

何をしているときが楽しそうかを

ストックしておくといいかもしれませんね。


ホームページはこちらです



[PR]
by nocotoco | 2018-01-30 03:12 | 親子コミュニケーション | Comments(0)

親子コミュニケーション:オープンクエスチョン「拡大質問」

今日はオープンクエスチョンの「拡大質問」の例です。

親「今日は学校から帰ってきた後何をしていたの?」

子「今日は遊びに行かないで、ちゃんと宿題をしてたんだよ」


この質問では「学校から帰ってきて、誰と遊んでいたの?」というように、

「学校から帰ったら遊んでいた」という

前提をすることなく質問をすることできています。

そのため子どもから素直な反応を得ることができています。

質問を受ける子供がある程度の年齢に達している場合は、

この質問がいい結果を得られる可能性があります。

f0394357_05062656.jpg




















「オープン・クエスチョンの拡大質問」は

答えの選択肢が多くなる質問方法です。

質問の中に、疑問詞をつけて聞いてみましょう。

「何を(What)」「どうやって(How)」

「どうして(Why)」という疑問詞を使った質問で、

この種類の質問を受けた子どもは

自由に状況を説明することができます。

質問を受ける子供がある程度の年齢に達している場合は、

この質問がいい結果を得られる可能性があります。

子どもの会話の広げることができます。

そして、かえってきた答えに対して、

今度は「限定質問」できいてみるのもいいかもしれません。

ずっと「拡大質問」だけを続けるよりも会話が進むでしょう。

このさじ加減が難しいのですが・・・

「学校から帰ってきて宿題をしたよ」ときたら、

「どんな宿題?」

「○○だよ」

「○○は得意?」(限定質問)

「ん~そうだね」(子どもにとって答えやすい)

いろいろな質問形式を混ぜてみてくださいね。

「限定質問」でもお話しましたが、

「拡大質問」でも具体的に、

近い時間についてするといいでしょう。

より一層、子どもは答えやすくなります。


ホームページはこちらです





[PR]
by nocotoco | 2018-01-29 03:48 | 親子コミュニケーション | Comments(0)

親子コミュニケーション:「限定質問」


前回に引き続き「限定質問」についてお話しします。


オープンクエスチョンの「限定質問」

例 「今日は誰と遊んでいたの?」

この場合、答えが「はい」「いいえ」に

限定されてしまうわけではないから、

クローズド・クエスチョンにはなりません。

しかし、答えの選択肢は「友達の名前」にだけに限定される。

この質問では一部が限定されています。


「遊んでいた」ことは質問の中で

断定されてしまっているので、

オープン・クエスチョン形式であっても、

場合によっては会話を閉じる原因に

なってしまう質問かも知れません。

f0394357_05062656.jpg




















このように、限定質問は

オープン・クエスチョンの一種ではあるが、

回答に範囲が非常に狭められているため、

クローズド・クエスチョンと同じように、

相手に威圧的に聞こえることもあります。

しかし、質問の内容が狭められるため、

子どもは容易に質問に

答えやすくなるという利点もありますよね 。


どの程度の答えを期待しているかによって、

限定の幅を考えてみてください。

これって結構難しいんですよね。

狭めすぎると威圧的になりますし、

広げすぎると曖昧な答えしか返ってこないし。

親の方が「この質問をしたら、

どのくらい具体的な答えが返ってくるかな?」と

まず、親の方でじっくりと

考える必要が出てきます。

慣れてくれば、わりと短い時間で

すっと質問が出てきます。

なので、日々の質問の流れの中で、

必然的にできてきます。


子どもに質問する時は、特に限定質問をするときは、

時間的に近く、具体的な質問をすれば、

子どもは答えやすくなる可能性が高いですので、

子どもと向き合って、その話題について話してみましょう。


特に、学校での交友関係、

先生との関係、進学の方向性など、

パパさん、ママさん、

みんなで話し合える回答が出てくると、

一層家族間での親密なコ

ミュニケーションができると思います。

ホームページはこちらです





[PR]
by nocotoco | 2018-01-28 05:07 | 親子コミュニケーション | Comments(0)

親子コミュニケーション: 「拡大質問と限定質問」

「拡大質問と限定質問」

オープン・クエスチョンはさらに、

「拡大質問」と「限定質問」に分けられます。

オープン・クエスチョンの「限定質問」とは、

相手が自由に答えられるタイプの質問であるが、

ある程度答えが限定される質問方法です。


「拡大質問」は質問する時に、

子どもが幅を持って答えられるように質問する方法です。


完全なオープンクエスチョンの場合に

子供が考えてしまいそうな、

上手くコミュニケーションが取れない場合があります。



その場合は「限定質問」にしてみるといいでしょう。

例えば「今日の宿題は何かな?」

「宿題は?」という前提で質問をしています。

この部分が「限定」されている部分です。

しかし、「何」については限定されていませんので、

子どもは自由に答えることができます。

「今日は○○だよ」というように。

子どもは質問が限定されているため、

すぐに答えることができるでしょう。

そのあとに続く会話にも「○○が宿題」という言葉を、

キーワードにして会話を進めていくと、

会話の流れがスムーズになります。

f0394357_03475845.jpg

































「今日は何があったの?」というように、

条件が付いていないと、

子どもは大体「別に何もないよ」と答えるでしょう。


我が家の子ども達がそうでした。

もともと、学校であったことは話したがらなかったので、

余計に「別に」を言いやすくしてしまったと反省しています。

いまでは「その宿題は○○なの?」と、

限定質問でどんどん質問をしていくようにしています。

それがいつの間にか、

質問なしの会話につながっていきました。

子どもとの聞きたいことがあるけれど、

「ちょっと答えるには難しいかな」というときに、

是非使ってみてください。

そして、会話を膨らませてくださいね。

親子のコミュニケーションがいい感じに進むと思います。


ホームページはこちらです




[PR]
by nocotoco | 2018-01-27 03:49 | 親子コミュニケーション | Comments(0)

親子コミュニケーション:オープンクエスチョン

本日のチャイルドコーチングは、

2種類の質問形式のうちの一つ

「オープンクエスチョン」のお話です。

オープンクエスチョンは
(答えが「はい」「いいえ」で答えられないタイプの質問 )

クローズド・クエスチョンと比べて、

回答範囲が限定されていないので、

子供からより多くの情報を得ることができます。


チャイルド・コーチングは子供に自分の気持ちを話させる

ことによって答えを引き出すコーチングですから、

オープン・クエスチョンのように

自分の言葉で自由に話しだせるような

質問をすることがとても重要です。



チャイルドコーチングで質問する時は

是非「オープン・クエスチョン」を使うようにしてみましょう。



答えが「はい」「いいえ」で答えられないので、

子どもの発想が広がり、

答えも豊かなものに(いろいろな言葉を使って)なって、

親子のコミュニケーションになっていきます。

ただ、注意しなくはいけないことが一つ。

例えば

親「大きくなったら、何をしたい?」

子「大きくなったら?何歳くらいのことを言っているだろう・・・」

 「今はわからないし・・・、何って言われても・・・・」
 
 「ん~わからない」

自由に答えられる分、質問の仕方によっては、

子どもは困ってしまうことがあります。

それは、あまりに質問の持っている範囲が広すぎる、

その質問に答える場合、答えにあまりにも幅がひろく、

自由なのですが、子どもが戸惑ってしまうことがあります。

f0394357_04521487.jpg






































小さな子どもに「電車の運転手さん」「お菓子つくる人」

というような答えを期待している場合はいいですが、

もう少しリアリティのある、

具体的な答えが返ってきてほしい場合は、

子どもが想像できる近い時間の質問

例えば「今度の日曜日にどこに行きたい?」

子どもが小学生の高学年になれば、

「中学でどんな部活やりたい?」など

子どもが見とおせる範囲の質問にすると、

具体的に、リアリティのある答えが得やすくなります。


チャイルドコーチングは

親子のコミュニケーションですから

親子のコミュニケーションになりそうな、

かわいい答えを期待している場合でもいいと思います。


中学生、高校生になって「もう大人に近づいたのだから、

具体的な話をしたいなぁ」という場合は、

質問の仕方を考えてみるといいですよ。


我が家の場合、下の子どもの答えは「スポーツ教える人になりたい」

上の子は「男女共学の高校で公立の高校がいい」
(「公立」は多分に親を意識してくれています)、

など、年齢によって答えがかなり違ってきます。

どういうシチュエーションでのオープンクエスチョンか

じっくりと考えて質問してみましょう。

親子のコミュニケーションに幅が出てきますよ。


ホームページはこちらです








[PR]
by nocotoco | 2018-01-26 04:53 | 親子コミュニケーション | Comments(0)

親子コミュニケーション:クローズド・クエスチョンとオープン・クエスチョン

今回のチャイルドコーチングは、

「クローズド・クエスチョン」と

「オープン・クエスチョン」のうち、

前回に引き続いて、クローズド・クエスチョンについて話していきたいと思います。

次回以降に「オープンクエスチョン」についてお話しします。



クローズド・クエスチョン」と「オープン・クエスチョン

質問には、「クローズド・クエスチョン」と

「オープン・クエスチョン」があります。

「クローズド・クエスチョン」名前から分かるように、

質問することで会話が終ってしまうタイプの質問方法。

具体的には、相手が「はい」か「いいえ」のどちらかに

限定される質問です。

例えば「宿題はもう終わったの?」という質問に対する答えは

「はい」か「いいえ」となります。

f0394357_05053171.jpg





















このタイプの質問は会話を進めるより、

会話を終わらせてしまいますので

コーチングでは使用が極力避けられています。

また、質問形式が「はい」か「いいえ」でしか答えられないので、

説明や言い訳の余地がなく、

そのためにこの質問を受けた子供は

逃げ場がない気持ちになるかもしれません。


しかし、クローズド・クエスチョンにはメリットもあります。

答えが「はい」か「いいえ」で答えられるので、

質問をされた方はあまり深く考えることなく

回答ができるというメリットです。

また、まだ自分から多くを語れない幼い子に

チャイルド・コーチングする場合、

簡単に答えられるクローズド・クエスチョンを

多めに使うことで会話を簡単に続けられます。



しかし、「はい」「いいえ」答える質問は

「尋問的」な響きもあり、

親が気軽に質問したつもりでも、

子どもは怒るかもしれませんので、

必要でなければできるだけ多用を避けましょう 。


親:[また宿題をやっていないんでしょう?]

このようなクローズド・クエスチョンは「宿題をやった」「やっていない」の

どちらかしか答えの可能性がありません。

また、質問をした親に答えまで

決めつけられているように感じるでしょう。

このようなクローズド・クエスチョンをされた子どもは不満が募り、

建設的な会話は始まりませんので、要注意ですね。


ホームページはこちらです








[PR]
by nocotoco | 2018-01-25 05:13 | 親子コミュニケーション | Comments(0)

親子コミュニケーション:クローズド・クエスチョン

「クローズド・クエスチョン」は

名前から分かるように、

質問することで会話が終ってしまうタイプの質問方法。

話をクローズする、

つまり、閉じてしまう性質を持った質問です。


具体的には、相手が「はい」か「いいえ」のどちらかに

限定される質問です。


子どもにとっては、答えやすい反面、

どちらかの答えを迫られているような感じがします。

「クローズド・クエスチョン」で質問する時は、

「まだ○○なんでしょ?」と聞いてしまうと、

(○○は否定する言葉)

子どもの中に反発が生じます。

そうではなく「○○はもう~したかな?」「○○はどうかな?」

という質問で、ゆるく、子どもに逃げを与えるようにすると、

子どもも素直に答えてくれると思います。

例えば、「宿題はもうしたかな?」

これは、宿題をやったかどうかを、

柔らかく聞いている質問です。


「宿題はどうだった?」

「宿題は難しかった?」

上の2つは、宿題は終わったという前提で聞いています。

こういう聞き方だと、

たとえ宿題をやっていなくても、

素直に「あっ、まだやっていなかった」と言いやすいでしょう。

言い方ですが、

なるべくさらっというようにしてください。

やっていない場合でも、子どもも安心します。

一番いいのは「宿題は?」の一言で、

あとは本人に任せる方法です。

忘れている場合は、

思い出すきっかけにもなります。

f0394357_04073372.jpg



































我が家の場合は「宿題は難しかった?」

「宿題は今どこやっているの」と

やったことを前提に聞いています。

我が息子は、学校から帰ってきたら、

すぐに「いってきまーす」と遊びに行きます。

そして帰ってきたら本(マンガ)を読んだり、ゲームしたり・・・

どう考えても、やっていない!

それでも知らないふりして、「どう?」と聞いています。

「あ~最近すぐ終わるんだよね~得意な範囲だから」などと言いながら、

ランドセルを開き始めます。

それでも忘れて

、朝、ものすごい勢いでやっていることも・・・

大切なことは子どもに「逃げ場」をつくっておくということだと思います。

ここでは、宿題を例にとりましたけれど、

親は大体、子どもがどうしたか、

わかってしまうことが多いですよね。

それでも、「逃げ込める」余裕をもって質問してみてください。


ホームページはこちらです





[PR]
by nocotoco | 2018-01-24 04:11 | 親子コミュニケーション | Comments(0)

親子コミュニケーション:質問の種類

質問にはいくつかの種類があります。

コーチングにおいて質問をする時、

その質問がどのタイプの質問なのかを

考えることが大切です。

質問のタイプを考えることにより、

その質問はコーチングを妨げてしまうのか、

それとも助けてくれる質問なのか

を見極めることができます。


親:「また宿題を
やっていないんでしょう?」


  この質問、あなたはどう感じますか?


一方的な感じがしますよね。

「?」マークがついていますけれど、

このママさんは「どうせやっていないに決まっている」と

心の中では思っていることが言葉に表れています。


f0394357_06554766.jpg































このようなクローズド・クエスチョンは

「宿題をやった」「やっていない」の

どちらかしか答えがありません。

子どもにとっては、

どうしても「追い込まれた」感じのする質問です。

たとえ、宿題をやっていたにしても、

「いつも決めつけて!」

「なんだよ、頑張ってやったのに!」という

反発の気持ちになってしまいます。

つまり、質問をした親に答えまで

決めつけられているように感じるでしょう。

このようなクローズド・クエスチョンをされた子どもは不満が募り、

建設的な会話は始まりません。

質問というより尋問、

詰問の感じを受けてしまいます。

ついつい出てしまう言葉ですが、

気をつけましょうね。


ホームページはこちらです



[PR]
by nocotoco | 2018-01-23 06:56 | 親子コミュニケーション | Comments(0)

親子コミュニケーション:コーチングの行き方を正しくリードする

「子どものの話が脱線してしまうときに」

どう対処するかをお話しします。


子どもが話に慣れていず、

話があまりに脱線する場合などは

元の話に戻すために質問を使うことができる。


子:あ、それからね、違う話だけど、

親:(話を最後まで聞いて本筋とは関係ないと判断した後
  そうなんだ。さっきの話なんだけど、
   ●●君が宿題を忘れた時、先生はなんていってたの?
     (話を元に戻すための質問

子:ああ、あれね。ええと。

小さなお子さんは、

自分で話をしている内容をどんどん広げて、

まとまりがつかないことがよくあります。

f0394357_04171431.jpg
































私の場合は、個別指導の塾で、

小学4年生のお子さんの授業を見ていて、

授業の最後に、今週の楽しかったことを

話をしてもらうことをしていましたが、

やはり話が拡散していってしまいました。


それからは、話を聞きながら、

私の方で5W1Hを記入できる用紙を作り

私が記入しながら質問をし、それを書き止め、子供に

「こういうことがあったんだね」と確認をします。

お母さんが迎えに来た時に、その紙を渡し、

今日話してくれた内容を説明していました。

お母さんはとても喜んでくださり、

毎回楽しみにしてくれるようになりました。


ママさん、パパさんも話しながら、

紙にお子さんの言うことをどんどん書いていき、

会話を確認しながら、

会話そのものも楽しんでみたらどうでしょうか


次にもう一つ会話の例を見てもらいますね。

子:○○君とは絶対に口をきかないよ。

親:そうか、とっても怒っているんだ(共感
   約束を破られたらがっかりするよね。(共感
   でも、約束を破った理由はないのかな?
    (子どもの視点を変える質問
子:知らないよ。
  親に宿題を終わらせないと
  遊びに行かせないと言われたとか言ってたけど。
親:そうなんだ。
   ○○だってお父さんにそう言われたら遊びに行けないよね。
       (子どもの視点を変える質問
子:そうだけど、だったら先に
   ちゃんと宿題を終わらせておけばいいんだよ。
  まあ、○○くんには無理かもしれないけどな。
  ○○くんはいつも宿題の提出が遅いんだ。

子どもが一つの感情にとどまってしまう場合、

質問によって視点を変えてあげることもできます。


質問により別の視点で考えることにより

「友達がわざと約束を破ったわけではないかも知れないと、

自分なりに納得することができました。

子どもに〝共感”すると共に、

〝視点を変える”質問をしてみてください。

子どもはいろいろな事柄を自分なりに整理することができ、

発想も膨らんでいきます。


次回はチャイルドコーチング・セミナー「質問の種類」のお話をしますね。

引用・参考文献
http://nocotoco.exblog.jp/28742813/


ホームページはこちらです





[PR]
by nocotoco | 2018-01-22 04:20 | 親子コミュニケーション | Comments(0)


不登校、ひきこもり、子どもの声を引き出します。


by Sere.C.R

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校・ひきこもり
セルフ・カウンセリング
親子コミュニケーション
発達障がい
私自身のこと
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

ひきこもり 父親回避
at 2018-12-12 07:44
現在進行形でサポートする-親..
at 2018-12-11 06:46
目標達成のサポート 親子コミ..
at 2018-12-10 06:23

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校