<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

チャイルド・コーチング::オープンクエスチョンとクローズドクエスチョン

今回は、前回の続きで、

オープンク・エスチョンについて話をいますね。

オープン・クエスチョンは、

クローズド・クエスチョンと比べて、

回答範囲が限定されていないので、

子供からより多くの情報を得ることができる。

チャイルド・コーチングは

子供に自分の気持ちを話させることによって

答えを引き出すコーチングですから、

オープン・クエスチョンのように

自分の言葉で自由に話しだせるような

質問をすることがとても重要。



f0394357_06293735.jpg


































親が子どもに対して、

オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンを

しっかりとやっていくと、子どもの方も深く考えるようになります。


先のクローズクエスチョンの例でも見てもらったように、

極端な例でいうと「宿題やったの?」という質問、

子どもの考え方によって、オープンクエスチョンにもなります。

親:宿題やったの?

子:うん、もう終わっているよ。

  だから、ゲームやっているんだよ。

  宿題見てみて。大丈夫でしょ?

親:どれどれぇ、うん、そうだね、しっかりやってあるね。

  どれくらい時間かかったの?」

子:○○~

こので重要なのは「子どもの考え方」というところです。

子どもが、ママさん、パパさんに説明したがっているか、

早く応えたくてクローズドの回答で、

「はい」「いいえ」ですましてしまうか。

そこは、ママさん、パパさんの微妙な言い回し、

というところでしょうか。

初めのうちは、子どもを試すような感じで(言葉は悪いですが・・・)

質問する時の口調をいろいろと工夫してみてくださいね。

子どもの応えがどのように変化していくかを楽しみにしながら。

※このブログには「お問い合わせメールフォーム」をつくることができません。
 右側の「外部リンク 親穏やか・・・」をクリックしていただけると
「フォーム」があるところへ飛んでいきます。
 そこからご意見、感想、ご要望、その他もろもろありましたら、
 お送りくださいませ。
 そのブログには、主に発達の気になる子どもに対しての
 これまでの私の家庭教師の経験、不登校の子ども達との経験

 書いています。是非、ご意見、ご要望をお書きください。
 よろしくお願いします。





[PR]
by nocotoco | 2018-02-28 06:30 | チャイルド・コーチング・セミナー | Comments(0)

チャイルド・コーチング:オープンクエスチョンの良いところ

今日はオープンクエスチョンのいいところを見ていきますね。

親:今日の宿題はどうだった?

 (「はい」「いいえ」で答えられないオープン・クエスチョン)


このような質問には「はい」か「いいえ」

で答えることができません。

自由に何かしらの説明をする機会が与えられています。


回答例 子:「ええと、まだ宿題、やってないんだ。」

「これからやろうと思ってたところだよ。」

「今日は宿題がすくないから」等自由に答えられる余裕があると、

子供は答えが決めつけられていると感じることなく

平穏に会話が進見ます。


オープンクエスチョンのいいところは、

上に示されているように、

子どもに答えがゆだねられているところです。

この質問によって、子どもは今持っている感情を

より豊かに表現することだ思います。

頭の中で、親からの質問を繰り返し、

自分なりの応えを返すことできます。

クローズドクエスチョンの場合は、

考える時間をあまり当てえることがありません。

しかし、オープンクエスチョンの場合は、

考える時間がクローズドクエスチョンよりはあるので、

その分、子どもは自分の意見を整理し、

回答することができるのですね。

f0394357_02201147.jpg


















頭を回転させ答えていく。

私は、発想、表現の幅が広くなると思っています。

上記の回答例は、わかりやすくするために、

回答が、かなり短めに、短文で終わってしまっていますが、

質問によっては、これだけでは終わらず、

親子のコミュニケーションに発展する可能性を、

大きく残しているとも思っています。

子どもの回答に関して、ママさんパパさんは、

「そうなんだ、○○は□□なんだね」

「それから、どうなったの?」等々

オープンクエスチョンは文章として成立しているので、

親も、言葉を返しやすいと思っています。

ママさん、パパさん、

子どもが答えやすいというクローズクエスチョンのいいところもありますが、

オープンクエスチョンにもよいところはたくさんあります。

その場の雰囲気で、使い分けていくのがいいですね。


※このブログには「お問い合わせメールフォーム」をつくることができません。
 右側の「外部リンク 親穏やか・・・」をクリックしていただけると
「フォーム」があるところへ飛んでいきます。
 そこからご意見、感想、ご要望、その他もろもろありましたら、
 お送りくださいませ。
 そのブログには、主に発達の気になる子どもに対しての
 これまでの私の家庭教師の経験、不登校の子ども達との経験

 書いています。是非、ご意見、ご要望をお書きください。
 よろしくお願いします。





[PR]
by nocotoco | 2018-02-27 02:20 | チャイルド・コーチング・セミナー | Comments(0)

チャイルド・コーチング:質問の例2

今回は、チャイルド・コーチングの質問例を見てもらいますね。


親:(お父さん、お母さん)は○○くんがきちんと部屋を片付けてくれると
  
とっても助かるよ。どうやったら片付けられるかな?
   
(Iメッセージ、オープン・クエスチョン)


子:うーん。だって片付ける時間がないんだもん。


親:そうか。じゃあ、短い時間で片付ける

アイディアってなにかある?

  (共感、オープン・クエスチョン)


子:ボックスか引き出しがもっと

あったら片付けやすくなるかも。


親:確かにそうかもしれないね。

どんなボックスがいいかな?

 (共感、オープン・クエスチョン)


子:●●君の家にこういうボックスがあってね、

それがいいかな。


親:じゃあ、今度一緒に買いにいってみようか。

 (行動を促す提案)


子:うん。散らかったおもちゃは、

まずそのボックスに入れておけばいいんだ。

  急いでる時でも片付くと思うよ。


親:そうだね。いいアイディアだと思うよ。
 
  (共感、承認)

f0394357_06105958.jpg
































このように、子どもは自由に応えることができ、

会話は流れを持ち、進んでいきます。

是非、ママさん、パパさん、試してみてください。


※このブログには「お問い合わせメールフォーム」をつくることができません。
 右側の「外部リンク 親穏やか・・・」をクリックしていただけると
「フォーム」があるところへ飛んでいきます。
 そこからご意見、感想、ご要望、その他もろもろありましたら、
 お送りくださいませ。
 そのブログには、主に発達の気になる子どもに対しての
 これまでの私の家庭教師の経験、不登校の子ども達との経験

 書いています。是非、ご意見、ご要望をお書きください。
 よろしくお願いします。


[PR]
by nocotoco | 2018-02-26 06:12 | チャイルド・コーチング・セミナー | Comments(0)

チャイルドコーチング:質問の例

質問の例

前回お伝えした質問に近い質問を見てみましょう。


親:どうしてあなたはいつも部屋を片付けられないの?

        ↓

    Youメッセージ、決めつけ
    Why+ネガティブセンテンスの
    答えのないタイプの質問



子:うるさいなあ、知らないよ。 

        ↓

  「親は機嫌が悪いようだ」
  「いつもできないというのはひどい」
      などの憤慨の気持ち



この質問はコーチング質問でも、

通常の質問でもなく怒りの言葉です。

ですから、このような質問で会話や関係が良くなることはありません。

また、子供は親が好戦的な態度の時は、

同じように対応するべきだと思っていますから、

子どもから返ってくる反応も

刺々しいものになってしまうでしょう。

もちろんこのての質問によって

子どものやる気は削がれてしまいます。

この場合も、ちょっとした聞き方の違いで、

子どもの感情は違ってきて、会話はスムーズに続くと思います。

前回の未来に対する質問ですね。


「どうやったら○○できるかなぁ?」でしたよね。

この言い方だと子どもは責められているわけでもないですから、

素直に話を聞いてくれると思います。

〝一緒に考えようよ”というメッセージですから、

子どもも受け取りやすいと思います。


f0394357_05372004.jpg


































ムカッときて、はよくあること。

でも、ここで言葉の前に深呼吸。

「どう」まで頑張ってくださいね(「どうしてお前は・・・」の「どう」)。

そのあとは「やったら~」と結んでください。


このことは、親が子どもに対して、我慢、無理しているわけではないですよ。

子どもだけでなく、大人同士でも同じです。

より良いコミュニケーションのためのものです。

そこに、大人も子どももありません。

子どもは当然自分の子どもですので、

若干でも自分の所有物のような感覚があるかもしれません。

その気持ちの場合は、「なんで、そんなに気を遣うの?」と思われるかと思います。

そこら辺のところをじっくり考えてみてください。

所有物にしていると、どこかで歯車が・・・なんてことも。

気にせず、子どもに対しても、〝頑張ってください”

〝気を遣う”こととは違いますからね。これだけは忘れないでくださいね。












※このブログには「お問い合わせメールフォーム」をつくることができません。
 右側の「外部リンク 親穏やか・・・」をクリックしていただけると
「フォーム」があるところへ飛んでいきます。
 そこからご意見、感想、ご要望、その他もろもろありましたら、
 お送りくださいませ。
 そのブログには、主に発達の気になる子どもに対しての
 これまでの私の家庭教師の経験、不登校の子ども達との経験

 書いています。是非、ご意見、ご要望をお書きください。
 よろしくお願いします。
[PR]
by nocotoco | 2018-02-25 05:35 | チャイルド・コーチング・セミナー | Comments(0)

チャイルドコーチング:質問のコツ

今回は「質問のコツ」です。

チャイルド・コーチングでの質問は

子どもから情報を得るのではなく、

質問によって子どもが答えを見つけ出すために行われます。

そして、子どもは自分で答えを見つけ出したり、

親に提案したりすると、その決定に従いやすくなる。


つまり、言われたとおりにする、

言われたからする、その結果はが同じになるかもしれませんが、、

「子どもは自分で答えを見つけ出したり、親に提案したりする」ことによって、

出てくる場合の答え、それは大きく違ってきます。

子ども達の成長には、まったく違った「育ちの種」が生まれてきます。

ですから、チャイルド・コーチングの質問は、

子どもが自分で答えを見つけ出す方向に、

デザインするようにして行くといいですね。

f0394357_05335872.jpg





















子ども達に自分で考えることの大切さを覚えてもらう。

その結果が、自分の思う方向へ行った時の喜びを感じてもらう。

自分の思う方向へと行かなかったときは、

「ん~なんでだ~」を一緒に考えてあげる。

特に小さなお子さんの場合は、「ん~なんでなのかなぁ???」

がとても多くなると思います。

「でも、ママ、パパが一緒に考えてくれるんだもんねぇ」という

安心感に包まれることの大切さを、

ママさん、パパさんに感じることができるといいですね。


大きくなるにしたがって、質問の仕方を変えてみる。

うまくいくか、行かないか、その結果を見て、

質問の難易度(?)をいろいろと工夫してみるのはどうでしょうか。


我が家の場合、妻が外出で遅くなったときは、

当然、私が夕食をつくります。

小さい頃は、「今日は○○だけど何時に食べる?」

もう少し大きくなってきたら、同じ質問なのですが、

「何時」は守って用意した食材で作っていてくれる。

いまは、「何時ころ夕食にする?」で、ある食材を使って作ってくれる。

ごはん前におなかが減った時も、何も言わずに勝手になんか作って食べます。

そして、夕食を食べながら、

「今日のおかずはねぇ、○○で工夫したんだよ」

「□□がつくったんだよ。なかなかおいしいよね」

というふうな感じで、会話が進んでいきます。

頼もしい限りです。

で、「我が家で一番料理が駄目なのはパパ」という結論に達しました。

ちょっと主旨ら外れてしまいましたが、

子どもの年齢で質問の仕方を考えてみると、

以外な答えが返ってくることもあります。

「ん~・・・わからない」となったら助け舟。

それでも、会話が楽しく進んでいきます。

まずは、楽しく質問をしていくのがいいと思っています。


※このブログには「お問い合わせメールフォーム」をつくることができません。
 右側の「外部リンク 親穏やか・・・」をクリックしていただけると
「フォーム」があるところへ飛んでいきます。
 そこからご意見、感想、ご要望、その他もろもろありましたら、
 お送りくださいませ。
 そこのブログには、主に発達の気になる子どもに対しての
 これまでの私の家庭教師の経験、不登校の子ども達との経験

 書いています。是非、ご意見、ご要望をお書きください。
 よろしくお願いします。






[PR]
by nocotoco | 2018-02-24 05:34 | チャイルド・コーチング・セミナー | Comments(0)

チャイルドコーチング:答えのない質問4

前回からの続きです。

反語の説明から。

「答えのない質問」それは反語というものです。

反語は「本当に表したいことの反対のことを述べて、

皮肉として用いられる」ための用法ですから、もともと冷たく、

人を傷つける力を持っています。

このようなしつもんはチャイルド・コーチングでは

使わないようにしてください。

親が質問―実は反語という形で、

不満や怒りを子どもにぶつけているとき、

子供ははっきりその質問の意図読み取っています。

つまり「どんな答えをしても受け入れられない」

質問であることが分かっているのです。


f0394357_04445632.jpg



このような質問はコーチング質問でも、

通常の質問でも怒りの言葉なのです。

ですから、このような質問で会話や関係が良くなることはありません。

チャイルド・コーチングでの質問は子供から情報を得るためではなく、

質問によって子供が答えを見つけ出す為に行われます。

そして、子供は自分で答えを見つけ出したり、親に提案したりすると、

その決定に従いやすくなる、それが目的です。

「反語」=「答えのない質問」で子どもが反発し、

答えが見つけられない状況が続くと、

子どもは無気力になりがちです。

「子供は自分で答えを見つけ出す」ことをいつも頭に入れて、

質問を考えましょう。

「そんなことを言ったって」という人は、

もう一度前回に戻ってみてくださいね。



※このブログには「お問い合わせメールフォーム」をつくることができません。
 右側の「外部リンク 親穏やか・・・」をクリックしていただけると
「フォーム」があるところへ飛んでいきます。
 そこからご意見、感想、ご要望、その他もろもろありましたら、
 お送りくださいませ。
 そこのブログには、主に発達の気になる子どもに対しての
 これまでの私の家庭教師の経験、不登校の子ども達との会話の経験が
 書かれています。是非、ご意見、ご要望をお書きください。
 よろしくお願いします。

[PR]
by nocotoco | 2018-02-23 04:48 | チャイルド・コーチング・セミナー | Comments(0)

チャイルドコーチング:答えのない質問-3

今日は「答えのない質問」の具体邸を示しますね。

「いつまでそんなことをやってるの?」
        ↓
「何時まで」という答えを期待している質問ではなく、
「早くしなさい」という意図が隠れている


「なんでこんな子になったの?」
         ↓
具体的な理由を答えを期待しているのではなく、
「わたしには責任がない」
「こんな子供はいらない」などの
 ネガティブな感情が表されています。

特に、2番目。

子どもにとって、これはきついですよね。

子どもが思春期を迎え、何事に対しても反発してくる年齢。

こうも言ってしまいたくもなります。

これを「反語」と言います。

「反語」に関しては次回に詳しく説明しますね。

f0394357_04422604.jpg










親がとても疲れているとき、深く考え事をしてしまっているときなど、

親自身にストレスが重くのしかかっているときなどに出やすい言葉です。

ストレスのない生活はないですよね。

では、どうするか。

他のところで発散する、です。

1.ママ友、パパともとたまに飲み会に行って(女子会、男子会?)、

 「自分の子どもはこうなんですよ!」と言ってみましょう。

大概「うちもそうなんですよ」、「いやいやうちもですよ」、「そうそうそう」

「なんでわからないのかねぇ、本当に」などと、出てくる出てくる。

でも、そういう話をしていると、「あぁ、よそも同じなんだな」「そういうもんか」。

そう感じると、自分の子どもに対して、かなり落ち着いて見ることができます。

なかなか、パパさんはできないかもしれませんね。

で、あれば会社帰りの一杯。その時に同僚にその話題を振ってみる。

そして相手の体験を聞いてみる。

「本当にそうだよな。俺なんか○○してやりますよ」なんて答えが出てかもしれません。

余計に困ってしましますよね。穏やかになれません。

そういう時は、本屋さんへ。



※このブログには「お問い合わせメールフォーム」をつくることができません。
 右側の「外部リンク 親穏やか・・・」をクリックしていただけると
「フォーム」があるところへ飛んでいきます。
 そこからご意見、感想、ご要望、その他もろもろありましたら
 お送りくださいませ。
 そこのブログには、主に発達の気になる子どもに対しての
 これまでの私の家庭教師の経験、不登校の子ども達との会話の経験が
 書かれています。
是非、ご意見、ご要望をお書きください。
 よろしくお願いします。
[PR]
by nocotoco | 2018-02-22 04:46 | チャイルド・コーチング・セミナー | Comments(0)

答えのない質問-2

例えば、「何度言えば分かるの」という質問をした場合、

「5回言われれば分かる」などという答えは期待していないはずです。

「何回?と質問していながら。子どもから「10回」という

具体的な答えが返ってきたら憤慨してしまうでしょう。

このような「質問形式」をとっていますが、

実は質問ではありません。

これは「反語」と言われる言葉で、

話し手が既に意図していることを

わざと疑問詞で述べる会話の仕方です。

f0394357_06252561.jpg


































以前、私の経験で書いたように

ここは冷静になって、大人の行動をとりましょう。

以前、説明した「5人の私」の大人の部分

5つの私

・CP(厳しい私):厳しい親の態度を真似たところ

・NP(優しい私):養育的・寛大な親の態度を真似たところ


・A(冷静な私) :考えて判断し、冷静に振舞うところ


・FC(自由な私) :無邪気な子供のようなところ

・AC(順応した私):人目を気にして行動するところ


”A=冷静な私”で対応しましょう。

冷静な私の行動を上げる方法も思い出してください。

①人と話をしていて、わからないところは
 そのままにしないで、自分が理解できるまで尋ねる。

②興奮したまま話しをするのを控える。

③「それはこういうことなのかな」と確認しながら話を聞く。

④問題が生じた時は、結果を予測して考え、
 問題全体を高い視座で見つめ直す。

⑤まずは分析を試み他に問題解決法がないか、
 選択肢を挙げてみる。

これをしっかりとやっていきましょう。




※このブログには「お問い合わせメールフォーム」をつくることができません。
 右側の「外部リンク 親穏やか・・・」をクリックしていただけると「フォーム」があるところへ
 飛んでいきます。そこからご意見、感想、ご要望、その他もろもろありましたら、
 お送りくださいませ。 また、私の考えも書いていますので、是非とも見てくださいね。
[PR]
by nocotoco | 2018-02-21 06:27 | チャイルド・コーチング・セミナー | Comments(0)

尋問質問の代表「なぜ」

問題となる、頭につ行ける言葉

「なんで~できないの?」

「どうして○○なの?」が口癖になっている場合は特に気を付け、

「なぜ」

「どうして」

で始まる質問をしばらく控えるようにしてください。

質問をする時は

「この質問は子どもの気持ちを知るための質問だろうか?

子どもの気持ちを共感する質問だろうか?

それとも自分の知りたい情報だけを得るための質問や、

子供を糾弾するための質問(尋問)だろうか?」と考えてみましょう。


f0394357_06553171.jpg







 


























以前説明した

「共感するとは

・聞くことで「共感」を示す
 
 ・表情や態度で「共感」を示す

 ・間をつかむことで「共感」を示すペーシング 

 ・親からの最初の言葉は「共感したよ」というメッセージ

 ・あいづち、うなづきを入れて「共感」を示す 

 ・相手の言葉を繰り返すバックトラッキング

 ・一緒に考えていこうという姿勢を表し「共感」を示す

 ・ミラーリングで「共感」を示す 」

を思い出してみてください。

「共感」確かに難しいですけれど、

とても大切なものです。

これまで行ってきた、チャイルドコーチング・セミナーを

振り返ってみて、子どもとのコミュニケーションのあり方を

思い出してみてくださいね。



※このブログには「お問い合わせメールフォーム」をつくることができません。
 右側の「外部リンク 親穏やか・・・」をクリックしていただけると「フォーム」があるところへ
 飛んでいきます。そこからご意見、感想、ご要望、その他もろもろありましたら、
 お送りくださいませ。 また、私の考えも書いていますので、是非とも見てくださいね。

[PR]
by nocotoco | 2018-02-20 06:58 | チャイルド・コーチング・セミナー | Comments(0)

質問が来ました。「答えのない質問」してないの?

「答えのない質問」 私の経験

読者の方から質問が来ました。

「NOCO=TOCOさんはセミナーのように子どもに接していられるのでしょうか?」

ん~、痛いところをつかれました。

前回の「答えのない質問」に関していうと、

「答えのない質問」はしませんですねぇ。

でも、「心の中」で言っています。

気持ちとしては「どうして何度も・・・」

私の子どもは中学1年生と小学5年生。

まだまだ「何度」もやってくれます。

ついつい言葉になりそうな時があります。

でも「心の中」だけ。

いつも心がけているのは、

自分の自我状態は今どこにあるのか、

CPなのか?

NPなのか?

Aなのか?

FCなのか?

ACなのか?

大概CPですね。

大きく一息入れて、

AかNPになるように心がけています。

どんなときにもそうなるようにしています。

「心がけている」ということは、

そうならないということもあるわけで、

抑えていてもCPが出てきてしまいます。

しかし、「なんで○○なの?」ではなく。

「どうなったらよかったの?」

「どういうふうしたかったの?」

「君に言ったことをどう考えたの?」

などと言っています。

結局これも「答えのない質問」かもしれませんね。

ただ、ぜってい言わない言葉があります。

「いつも」という言葉。

過去は振り返りません。

それをやってしまうと、本当に子どもの逃げ場がなくなるからです。

よく言う「今、ここ」だけに的を絞ります。


結論から言いますと、

・自我状態を場面によって「A」か「NP」にもっていくようにする。

・過去は振り返らない。

の二つでしょうか。

他のコーチングに関しても同じです。

これが一番大変だったりするのですが。

私50代の男性です。

年齢にしては、かなり子どもは小さいのです。

だから、少し落ち着いていられるのかもしれません。

でもたまにお手上げ状態で言ってしまします。

(結構短期なので)

f0394357_04492836.jpg











コーチとしてNGですね・・・・


皆さんも、「答えのない質問」が出そうになったら、

とにかく、自分のその時の自我状態を違う位置に移してみてください。

大概、こういう質問をしそうになるときは、怒っているとき。

なかなか、そう簡単には変えられませんよね。

特に怒っているときはなおさらのこと。

これは慣れだと思っています。

私も若いときは感情が先に立ち、自我状態も変えられず、

「答えのない質問」をしていた時期がありました。

まぁ、年を重ねて、少しは落ち着いたのでしょうか。

間の取り方は少しだけできるようになりました。

皆さん、年齢に関係なく大きな大人でいてください。
(自分のことを棚に上げ、なおかつ変な言い方ですね)

親が穏やかなら、子どもも穏やかになります。

「どうしても・・・」というときは、子どもの寝顔を思い出してください。

こんなかわいいものはありません。それを考える間をつくるようにして下さい。

答えになっているでしょうか?

ん~なっているような、なっていないような。

とりあえず、私はこんな感じです。



※このブログには「お問い合わせメールフォーム」をつくることができません。
 右側の「外部リンク 親穏やか・・・」をクリックしていただけると
 「フォーム」があるところへ飛んでいきます。
 そこからご意見、感想、ご要望、その他もろもろありましたら、
 お送りくださいませ。 また、私の考えも書いていますので、是非とも見てくださいね。








[PR]
by nocotoco | 2018-02-19 04:54 | チャイルド・コーチング・セミナー | Comments(0)


チャイルド・コーチング+親のセルフ・カウンセリング+カウンセリングします+セミナーします。


by noco-toco

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
チャイルド・コーチング・セミナー
セルフ・カウンセリング・セミナー
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

最新のコメント

> チョコさん ありが..
by nocotoco at 11:16
なるほど、参考になります。
by チョコ at 10:10

検索

最新の記事

「本当はやってほしくない」
at 2018-05-21 03:44
母親の気持ちと自我状態の変化
at 2018-05-18 07:22
各性格・行動を上げる方法2
at 2018-05-14 08:21

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
教育・学校