<   2018年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

WIN-WINの関係

交流分析を使ってWIN-WINの人間関係を作ります。

4つの基本的構え

1.私はOK、あなたもOK(自己○・他者○)

2.私はOK、あなたはOKではない(自己○・他者×)

3.私はOKではない、あなたはOK (自己×・他者○)

4.私はOKではない、あなたもOKではない(自己×・他者×)

エゴグラムは自分自身の本当の姿を知ることに役立ちますが、

さらにもうひとつの重要なテーマとして「円滑な人間を係を築くこと」があります。

家族や職場の同僚、友人、仲間などと

いい関係関係を築きながら生きていきたいと願っています。

そのような人間関係を作るにはWIN-WIN(わたしはOK、

あなたもOK)の関係を作ることが必要です。

交流分析では自分と他者との関係を「基本的構え」といい、

4つのパターンに分類します。


「OK」「OKではない」という区別

◇OKの状態

安心感がある、信頼している、生きている価値がある、

楽しい、強い、役に立っている、やればうまくいく


◇OKでない状態

安心できない、信頼できない、意地が悪い、劣っている、

何をやってもだめ、失敗する、無知である、できない



この「OK」「OKでない」には、その組み合わせによって

4つのパターンに分けられることをはじめに書きました。

もう少し細かく見ていきますね。


パターン1.私はOK、あなたもOK(自己○・他者○)

      理想的な人間関係。共感と感情に包まれて、

      少しくらいの困難な状況にあってもその関係が

      揺らぐことはない。


パターン2.私はOK、あなたはOKではない(自己○・他者×)

      支配的で疑い深い人がとる態度。

      人間関係に問題が生じていても、

      本人がなかなか気づかない傾向がある。


パターン3.私はOKでない、あなたはOK(自己×・他者○)

      劣等感を持ち自分を卑下してしまう人に見られる傾向。

      表面上うまくいっているようでも、

      心の中ではストレスが溜まっている。



パターン4.私はOKでない、あなたもOKではない(自己×・他者×)

      人生には価値がない、虚しいと考えている。

      本当は他人に受け入れてもらいたいという

      強い要望を持っているが、他人が与えようとする

      愛情を拒否する。


私たちはいつも自分と他人に○×をつけながら日々の生活を送っています。

多くのケースでどちらか一方のみがOKという状態になっています。

大切なのは、今の人間関係はどのようになっているかに「気づく」ことです。

そして、できればいずれ「私はOK、あなたもOK」の関係を築けるよう訓練することが大切です。

私はどちらかというと、自分に△(×出ないところがずるいですが・・・)を付けがちです。

できるだけ〇になるよう、心の中で「OK、OK、大丈夫、大丈夫、行ける、行ける」と

自分に言い聞かせています。その場ではすぐに変化はしませんが、

癖になってくると、少しは心が言葉を聞いてくれるようになってきています。

みなさんもまずは「I'm OK」から出発してくださいね。




[PR]
by nocotoco | 2018-05-28 07:01 | セルフ・カウンセリング | Comments(0)

『値引き』について~存在の軽視

【値引き】という考え方―子どもの能力に対して

人間の存在を軽視したり、無視したりする言動を「値引き」といいます。

「これは難しいからやっちゃダメ」と、

決めつけていたとすると子どもの能力を「値引き」していることになります。

そして、そういった「あなたには無理」という否定的な「ストローク」を与え続けていると、

子どもは「何をやっても自分には無理」と自己否定的な感情が植え付けられてしまい、

全てに消極的な子どもになっていく可能性があります。


「こどもが自分で牛乳を注ぎたいという気持ちは分からないわけではない」

という親としての気持ちもあるのでしょう。

その気持ちが「こぼされると後始末が大変!」

という本当の気持ちを認めないかもしれませんね。

でも、気持ちは「値引き」しなくてもいいのです。


でも「本当はやってほしくない」という

その気持ちを思い切って認めてあげましょう。

自分の気持ちを認めてあげれば、

子どもにかける言葉も変わってくるのではないでしょうか。

「牛乳をこぼされると後片付けがたいへんだから、

お母さんやってほしくないの」でいいのです。

子どもの成長を考えてあげたいと思うなら、

あらかじめシートを敷いて

「こぼしてもいいからやってみる?」と言ってみてはどうでしょうか。


自分の「自我状態」が「親P」なのか「成人A」なのか「子どもC」なのかに気づくことです。

次にその感情を否定せずに認めてあげること。

そして、子どもの能力と自分の気持ちを「値引き」しないことです。

母親だからと言って、自分の欲求をすべてすべて押さえ込んで必要はないのです。

自分の気持ちも大事、牛乳を注いでみたいという子どもの欲求や気持ちも大事、というように、

お互いの気持ちを認め合うことが大切ではないでしょうか。

そうすれば毎度繰り広げられる子どもとのバトル場面も

少しずつ変わっていくのではないでしょうか。



次回は、交流分析を使って人間関係を作ることについて話しますね。

ホームページはこちら

[PR]
by nocotoco | 2018-05-25 05:17 | セルフ・カウンセリング | Comments(0)

「本当はやってほしくない」

今回も自我状態の変化について書いていきますね。

「本当はやってほしくない」

母「何やってるの!まだこれは難しいから、やっちゃだめって

  言ったじゃない。あーあ、こんなにこぼしちゃって・・」

  (子どもはなおも注ごうとする)

母「貸してごらん、入れてあげるから」

  (牛乳パックを子どもから取り上げてコップに注ぐ)

子「エーン!エーン! 」

  (泣き出し、振り回した手でコップを倒し牛乳をこぼす)

母「いい加減にしなさい!またこぼしたじゃない!

  飲みたくないなら、のまなくていいわよ!」(と言って片付ける)

子「エーン!エーン! 」(泣き続ける)



まず「何やっているの」に始まり、「いい加減にしなさい・・・飲まなくていいわよ」の

一連の言葉から読み取れる「自我状態」は「自由な子どもFC」と言えます。

ここが難しいところなのですが、母親が子どもに向き合っているときに、

「自我状態」がいつも「親P」なのだとは限らないのです。

時には「子どもC」の「自我状態」になっていることもあることに、

気づくこともあることに気づくが大事なのです。

「親なのだから・・・」と、「親P」から言葉を発しいるつもりでも。



「支配的な親CP」の言葉だったら、

「注ぐのはやめなさい、こぼさない様にできるまでやってはいけない」と、

子どもをきつくしかったかもしれません。

また、「養育的な親NP」なら、

「貸してごらん、入れてあげようね」

あるいは「一緒に入れてみようか」という言葉をかけたかもしれません。

「自由な子どもFC」はきっと「やってほしくない」と感じているのでしょう。

「こぼされるのは嫌、汚れるから」「後始末が大変」

だから「やってほしくない」というのが本音のところでしょう。

しかし、「やってほしくない」という本心に蓋をして

「まだこれは難しいからやっちゃダメ」という親の仮面をかぶって子どもに接しています。

そうした母親の隠された心理を読み取るかのように子どもは反乱を起こし、

親子双方とも毎回いやな思いをしながらも同じような場面が繰り返されるのです。

少しややこしい話でしたが、日常的にありませんか?

私は子育てをして経験があります。

親のつもりが、いつの間にか子供と対等な位置にいることを。

次回は【値引き】という考え方について書きますね。




[PR]
by nocotoco | 2018-05-21 03:44 | セルフ・カウンセリング | Comments(0)

母親の気持ちと自我状態の変化






f0394357_07270289.jpg




















今回は、自我状態がどのように変化していくかを見ていきます。

母親も気持ちと「自我状態」の移行

「子どもには、優しくしつけよう」という姿勢で接する=養育的親NP

          ↓

子どもの要求が増してくるにしたがって「養育的な親NP」ではいられなくなってきます。

しかし、「いい母親・理想の母」であるために頑張ります。

「優しい母親であるために、ある程度目をつぶろう」=適応した子どもAC

           ↓

あまりにも子どもの要求が強くなると、

自分自身の「適応したこどもAC」も「反抗する子どもFC 」に変わっていきます。

「こんなにやっているのに・・・」「うちの子はどうしてこうなの?」

子どもを責める言葉が止まらなくなる

             ↓

母親自身の「支配的な親CP」が自分の「自由な子どもFC」を批判し、自信を失っていく  
               
             ↓

          自身喪失、無力感



自信喪失、無力感というイライラは、

要求が強くなっている子どもに対しての嫌悪感からくるというよりも、

そのことを受け止めることのできない自分に対してであるのではないでしょうか。

こんな時は、母親自らもたっぷりと心の栄養【ストローク】を補給しましょう。

【ストローク】とは、対人関係の基本となる「相手の存在を認める働きかけ」です。

【ストローク】は心の栄養素として心の健康状態を維持していくために必要不可欠です。

人は「ポジティブ(肯定的)なストローク」の代わりに

「ネガティブ(否定的)なストローク」を求めてでも,

【ストローク】が不足して「ストローク飢餓」の状態に陥ることを避けようとします。



誰かが与えてくれなくても自分で自分に、肯定的【ストローク】をあげましょう。

例えば「自分のためにケーキを買う」「すきなTVを見る」など小さなことでいいのです。

パパさんたちは時々やってますよね=飲み

イライラして切ると感じたときはその場を離れたり、

お茶を入れたりして一呼吸おいてみましょう。

そうすれば、子どもの要求に対して

「どこまで受け入れることができ、どこからうけとれないか」ということを

冷静に判断できる力が湧いてくるでしょう。


次回も自我状態の変化を見ていきますね。



ホームページはこちら

[PR]
by nocotoco | 2018-05-18 07:22 | セルフ・カウンセリング | Comments(0)

各性格・行動を上げる方法2


f0394357_08205996.jpg







































今回も前回に引き続いて、各性格・行動を上げる方法をお話しますね。

各性格・行動を上げる方法2

◇FC(自由な私)

①自分から「仲間に入れてください」という姿勢で

 相手とコミュニケーションを取る。

②人に披露できる話のネタを持っておく。

③美しいものを見たときは「美しい」、

 美味しい物を食べた時は「これは美味しいですね」

 と素直に言葉に出してみる。

①は、最初は恥ずかしいかもしれないですが、

 そうするうちにだんだん慣れてきます。

②は、冗談、ユーモア、笑い話、失敗談など。最初はぎこちなくても、

 そうするうちに次第に慣れてきます。

③は、「素敵ですね」「素晴らしい」「すごいですね」「ありがとうございます」

 「かわいい」「気持ちがいい」「やりましたね」「センスがいいですね」など

 ポジティブな言葉を多く使うように心がてみましょう。


◇AC(順応した私)

①相手の話を聞くときは、相槌を打つなど聞き上手になる。

②相手の言い分に耳を貸し、相手の心情を察するように気をつける。

③周囲の意見を聞いて、時には妥協し、それに従ってみる。

④相手を配慮する言葉を意識して使ってみる。

⑤自分の言動がどう相手に映るかを意識して行動する。

①②はコーチングで行われていることです。

④は「お忙しいところ恐れ入りますが」「すみません」などを使ってみましょう。


これまで、P、A、Cを上げる方法をはなしてきました。

自分の傾向を考え、実行してみてください。

常に意識しているのは、なかなか難しいものです。

しかし、心の片隅にでも置いておいて、

気づいたときに行ってみてください。

少しずつでも変化が現れてきます。




[PR]
by nocotoco | 2018-05-14 08:21 | セルフ・カウンセリング | Comments(0)

各性格・行動を上げる方法 

f0394357_04470073.jpg



















今回は、各性格・行動を上げる方法についてお話しますね。

◇CP(厳しい私)

①「私はこう思う」という自分なりの考えを

言葉で伝えられるよう練習する。

②自分の意見を言ったうえで、

 周囲の意見にもよく耳を傾ける。

③決定したことは必ず実行し、最後までやり遂げる。

④子供や部下の過ちはすぐに指摘して直させる。

⑤これ以上は譲らないというポイントをきめる。

ただし、自分でこれをやり通すのは大変なことです。

そもそもこれらができていないからCPが低いのですから。

その場合は、家族や友人、同僚、仲間などに

協力してもらって実行するのがいいでしょう。
 


◇NP(優しい私)

①相手を褒めたり、認めたりする言葉をかける。

 「大変だね」「そうなんだ」「期待しているよ」など。

②相手のよいところは積極的に褒める。

③個人的に相手に関心がある事を伝える。

 「いつも気にかけているよ」という姿勢を見せる。

④相手が間違っていても、欠点を理解して

 許すくらいの度量を見せる。

⑤常にプラスの関係を保つ。相手の話を最後まできちんと聞く。

具体的には、なるべく相手の長所を見つけて褒める、他人の悪口は言わない、

相手に対して「あなたは大切な人だ」という態度で接するようにすることです。



◇A(冷静な私)

①人と話をしていて、わからないところは

 そのままにしないで、自分が理解できるまで尋ねる。

②興奮したまま話をするのを控える。

③「それはこういうことでしょうか」と確認しながら話を聞く。

④問題が生じた時は、結果を予測して考え、

 問題全体を高い視座で見つめ直す。

⑤まずは分析を試み他に問題解決法がないか、

 選択肢を挙げてみる。

②に関しては 「少し考えさせてください」などとワンクッション置くように心がけてみます。

他には言いたいことやしたいことがあったら、

一度文章にしてみると自分の考えが整理されます。

自己を客観化して見つめ直してみましょう。

どうしていいか分からない時は、

「他の人ならどうするだろうか」と自分を客観的に見つめる癖をつけるのがいいでしょう。

今回はP,Aについて書きました。

次回はCについて書きますね。








[PR]
by nocotoco | 2018-05-11 04:52 | セルフ・カウンセリング | Comments(0)

セルフヘルプの目指すところ


f0394357_02152784.jpg

















今回はセルフヘルプの「目指すところ」について

お話します。


1.自分の性格を知ることにより、

  心と身体のセルフコントロールができるようになる。


2.自律性を身に付けることで、自分の考え方、感じ方、

  さらには行動の責任を持つまでに成長できる。


3.人間関係を円滑にし、家族や友人、同僚、

  仲間と親密な心の触れ合いができる。


これをまとめて言うと、自分自身を知れば、

それに合わせた行動を取ることができ、


ひいてはストレスに対応できるようになる。

それはつまり人生を豊かに生きることであるということです。

エググラムは自分の特徴を知るこることができます。


5つの要素の高い低いなどの当口調が見える形で現れます。

それが今のあなたの心理状態、

ひいては性格傾向ということができます。


どの方がいい、どの方が悪いということはありません。

ただし、ストレスを溜めやすい性格や、

反対に周囲にストレスを与えてしまうタイプなど、

一定の傾向が現れるので、


その特徴を知ることで自分の中にストレスを溜めない、

周囲にもストレスを与えないように心がけ、


円滑な人間関係を築き、

前向きな人生態度を身につけていくというものです。

5つの要素のアンバランスを調整するときは、

高いPACを低くするより、

低いPACを上げる努力をする方が簡単かつ効果的です。







[PR]
by nocotoco | 2018-05-07 02:19 | セルフ・カウンセリング | Comments(0)

セルフコントロール「5人の私」その3

f0394357_05313124.jpg






































今回は、前回書いたCP(厳しい私)に続いて、

他の自我状態を見ていきますね。


NP(優しい私)

・長所:同情的、養育的、世話好き、

    親切、寛容、いたわり 

・短所:おせっかい、過保護、指導力が弱い

一長一短 表と裏が有ります。

このような時は先ほどの「エネルギー恒常性仮説」を使い、

CP(厳しい私)を挙げるようにしてみてください。

CP(厳しい私)もNP(優しい私)も低いタイプの人は、

P(親の心)そのものを高めるように、

日々の生活態度や考え方を変えていくようにするといいでしょう

仕事の例でいうと、上司、部下 ストレスをためてしまうことになるでしょう。



A(冷静な私)


長所:客観的、判断力がある、合理的、適応力がある。

   冷静かつ客観的にデータや情報を集め、それを論理的に分析し意思決定をします。
     
短所:打算的、理屈っぽい、周囲に冷たい。

   子供に対して指示も理由も具体的で、

   締切も伝えるが、子どもがどんな気持ちになっているかという配慮が少ないといえます。


では、どうすればいいでしょうか。

C(子どもの心)を使ってコミュニケーションをとることをやってみてください。

ちょっとした趣味の話、の話題でもいいですし、

テレビや芸能会の話でも構いません。昔の失敗談などでもいいのです。

子どもを指導する場合にはCP(厳しい私)を、

褒めたり相談に乗ったりするときはNP(優しい私)を使うなど

臨機応変に使い分けるといいでしょう。



FC(自由な私)とAC(順応した私)

FC(自由な私):天真爛漫、喜怒哀楽の感情を出す、

         好奇心とチャレンジ精神旺盛

AC(順応した私):協調性がある、受動的、

          我慢強い、従順


一般的にFCの高い人はストレスを溜め込まない人が多いと言えます。

しかし、高ければOKというわけではありません。

自由気ままに行動して、本人のストレスはないものの、

自由な振る舞いが周囲にストレスを与えていることが多いのです。

そしてそれが度を過ぎると、CP(厳しい私)の高い人から叱責を受け、

自分は悪くないのになぜ怒られるんだろうと

ストレスを溜めることになります。

AC(順応な私)は人が本来持っている

自由な欲求や衝動を抑えつける力になっており、

率直な感情を抑制しています。






[PR]
by nocotoco | 2018-05-06 06:02 | セルフ・カウンセリング | Comments(0)

セルフコントロール「5人の私」その2




f0394357_08000411.jpg































では、「5つの私」の特徴を考えてみましょう。

CP(厳しい私)

・長所:良心や正義感、道徳心が強い、

    責任感もあり、理想主義的、 

    リーダーの素養を備えている。


・短所:頑固親父、嬢王様タイプ、融通がきかない、

    ワンマンタイプ

CP 厳しい私は厳格な父親な性格を表します。

周囲の人に「~しなさい」「~してはいけない」といった命令的、

批判的な態度で接する人です。

CPが高いと、思いやりが少ないと受け取られがちです。

ただし、CPが低いことでルーズになってしまったり、

必要な場面で筋を通したりできないことが出てきます。



では、仕事のケースで考えてみましょう。

CPが高い人が上司の場合

「私はもっと客観的なデータを入れろといったじゃないか。

 どうしてこの企画書にはそれがないんだ。

 君は私の話をきちんと聞いていいなかったのかね」


CPが高い人が部下の場合

「客観的データよりも顧客の声が大事と言ったじゃないか。

 こっちは他の仕事もある中できちんとスケジュールを守って

 やっているんだ。今さら決めたことを覆すなんて、

 あの上司はわかっていない」


上司の場合でも、部下の場合でも、自分の主張が高すぎて、

周囲の軋轢を生んでしまいます。

仕事に対して厳格なのはいいことですが、

CPの高い人のストレスは厳しさや融通のきかなさが

原因となることが多いのです。

では、どうすればいいか。

この場合は、CPを下げるよりも、

NP(優しい私)を上げる努力をした方が人間的に丸みが出てきます。

個性をなくすと考えるのではなく、

より良い人間関係を作るためのスキルを身に付けると考えるといいですね。

本来は厳しい性格であっても、NP(優しい私)を上げる事によって、

部下からは慕われ、上司からは信頼を得やすくなります。


ここで「エネルギーの恒常仮設」というものを説明します。

私達一人ひとりが持つエネルギーの総和は常に一定であるという考えです。

許容量は変化しないということです。

自分のエゴグラムを変化させたい場合は、

エネルギーの総和が一定なので、

その時点で自分の一番高いエネルギーを、

もっと低くあって欲しいと思う場合は、

高くあって欲しいエネルギーを引き上げることで、

エネルギーは自動的に移行していきます。


それぞれの状況で、自分が今、5人の自分の中でどこにいるかを、

じっくりと考えてみてください。

その場にあっている自我状態かどうかを見極めてみてくださいね。







[PR]
by nocotoco | 2018-05-04 08:01 | セルフ・カウンセリング | Comments(0)

セルフコントロール「5人の私」

f0394357_05273314.jpg













前回の「3人の私」はもう少し細かく見ていくと、

「5人の私」としてみることができます。

P(親の心)とC(子どもの心)はそれぞれ2つに分けて考えることができ、


5つの要素が性格的傾向や行動パターンの判断に利用されています。

みなさんの行動はどれにあたりますか?

もう少し細かく見ていきますね。


5つの私

・CP(厳しい私):厳しい親の態度を真似たところ

・NP(優しい私):養育的・寛大な親の態度を真似たところ

・A(冷静な私) :考えて判断し、冷静に振舞うところ

・FC(自由な私) :無邪気な子供のようなところ

・AC(順応した私):人目を気にして行動するところ


この5つは誰もが持つ要素です。

CP(厳しい私)からAC(順応した私)までの強弱によって

人の性格や行動が決まると考えるのが、

交流分析のエゴグラム(インターネットで検索してみてください)です。

「自分の性格は自分自身が一番よく知っている」

ということを答える人がよくいますが、

それはその人が自覚している性格であって、

他人からはどのように見られているか、

ということが分かっていません。


それを知る、つまり自分自身の本当の姿を知るということが

交流分析の大きな目的です。

皆さんはどのような結果になりましたか。

どの「私」が高かった出しょうか。


わかりにくい場合は、具体的な人物、

例えばドラマの役柄などを参考にするとわかりやすいと思います。

例えば「サザエさん」で説明すると、

サザエさんは大人ですが、おっちょこちょいの慌て者です。

一方、明るく前向きな女性ですね。


このような人は、FC(自由な私)の高い人です。

では、サザエさんはFCが高いだけの一面的な人でしょうか。

その他の登場人物との関係を考えると

そう単純なものではないことがわかりますよね。

父親の波平に対してはどうでしょう?

(質問する)ACつまり、順応した私で対応。

いたずらをする弟のカツオに対しては?

CP、つまり厳しい私で対応。

息子のタラちゃんに対してはNPつまり優しい私。

夫のマスオさんにはFCつまり自由な私です。

こう考えると、一人の人間の中にさまざまな要素が有ることがわかります。









[PR]
by nocotoco | 2018-05-01 05:34 | セルフ・カウンセリング | Comments(0)


不登校、ひきこもり、「つらい」思いをしている方のカウンセリングをします。


by Sere.C.R

プロフィールを見る

外部リンク

カテゴリ

全体
不登校
親子コミュニケーション
発達障がい
セルフ・カウンセリング
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

村上建築設計室です。

最新のコメント

検索

最新の記事

不登校の子どもの気持ち
at 2018-10-22 09:46
知的障害、自閉症、ADHDー..
at 2018-10-21 06:14
知的障害、自閉症、ADHDー..
at 2018-10-20 09:34

記事ランキング

ブログジャンル

メンタル
教育・学校