各性格・行動を上げる方法 

f0394357_04470073.jpg



















今回は、各性格・行動を上げる方法についてお話しますね。

◇CP(厳しい私)

①「私はこう思う」という自分なりの考えを

言葉で伝えられるよう練習する。

②自分の意見を言ったうえで、

 周囲の意見にもよく耳を傾ける。

③決定したことは必ず実行し、最後までやり遂げる。

④子供や部下の過ちはすぐに指摘して直させる。

⑤これ以上は譲らないというポイントをきめる。

ただし、自分でこれをやり通すのは大変なことです。

そもそもこれらができていないからCPが低いのですから。

その場合は、家族や友人、同僚、仲間などに

協力してもらって実行するのがいいでしょう。
 


◇NP(優しい私)

①相手を褒めたり、認めたりする言葉をかける。

 「大変だね」「そうなんだ」「期待しているよ」など。

②相手のよいところは積極的に褒める。

③個人的に相手に関心がある事を伝える。

 「いつも気にかけているよ」という姿勢を見せる。

④相手が間違っていても、欠点を理解して

 許すくらいの度量を見せる。

⑤常にプラスの関係を保つ。相手の話を最後まできちんと聞く。

具体的には、なるべく相手の長所を見つけて褒める、他人の悪口は言わない、

相手に対して「あなたは大切な人だ」という態度で接するようにすることです。



◇A(冷静な私)

①人と話をしていて、わからないところは

 そのままにしないで、自分が理解できるまで尋ねる。

②興奮したまま話をするのを控える。

③「それはこういうことでしょうか」と確認しながら話を聞く。

④問題が生じた時は、結果を予測して考え、

 問題全体を高い視座で見つめ直す。

⑤まずは分析を試み他に問題解決法がないか、

 選択肢を挙げてみる。

②に関しては 「少し考えさせてください」などとワンクッション置くように心がけてみます。

他には言いたいことやしたいことがあったら、

一度文章にしてみると自分の考えが整理されます。

自己を客観化して見つめ直してみましょう。

どうしていいか分からない時は、

「他の人ならどうするだろうか」と自分を客観的に見つめる癖をつけるのがいいでしょう。

今回はP,Aについて書きました。

次回はCについて書きますね。

外部リンク「子どもおだやか 親おだやか」では
発達に障がいのあるお子さん、
グレーゾーンと言われるお子さんの学習について、
また、不登校に浮いても書いています。
「お問い合わせ」はそのサイトにありますので、
ご意見等ありましたら、それをご利用くださいませ。






















[PR]
# by nocotoco | 2018-05-11 04:52 | セルフ・カウンセリング・セミナー | Comments(0)

セルフヘルプの目指すところ


f0394357_02152784.jpg


















今回はセルフヘルプの「目指すところ」について

お話します。


1.自分の性格を知ることにより、

  心と身体のセルフコントロールができるようになる。


2.自律性を身に付けることで、自分の考え方、感じ方、

  さらには行動の責任を持つまでに成長できる。


3.人間関係を円滑にし、家族や友人、同僚、

  仲間と親密な心の触れ合いができる。


これをまとめて言うと、自分自身を知れば、

それに合わせた行動を取ることができ、


ひいてはストレスに対応できるようになる。

それはつまり人生を豊かに生きることであるということです。

エググラムは自分の特徴を知るこることができます。


5つの要素の高い低いなどの当口調が見える形で現れます。

それが今のあなたの心理状態、

ひいては性格傾向ということができます。


どの方がいい、どの方が悪いということはありません。

ただし、ストレスを溜めやすい性格や、

反対に周囲にストレスを与えてしまうタイプなど、

一定の傾向が現れるので、


その特徴を知ることで自分の中にストレスを溜めない、

周囲にもストレスを与えないように心がけ、


円滑な人間関係を築き、

前向きな人生態度を身につけていくというものです。

5つの要素のアンバランスを調整するときは、

高いPACを低くするより、

低いPACを上げる努力をする方が簡単かつ効果的です。




外部リンク「子どもおだやか 親おだやか」では
発達に障がいのあるお子さん、
グレーゾーンと言われるお子さんの学習について、
また、不登校に浮いても書いています。
「お問い合わせ」はそのサイトにありますので、
ご意見等ありましたら、ご利用くださいませ。





[PR]
# by nocotoco | 2018-05-07 02:19 | セルフ・カウンセリング・セミナー | Comments(0)

セルフコントロール「5人の私」その3

f0394357_05313124.jpg







































今回は、前回書いたCP(厳しい私)に続いて、

他の自我状態を見ていきますね。


NP(優しい私)

・長所:同情的、養育的、世話好き、

    親切、寛容、いたわり 

・短所:おせっかい、過保護、指導力が弱い

一長一短 表と裏が有ります。

このような時は先ほどの「エネルギー恒常性仮説」を使い、

CP(厳しい私)を挙げるようにしてみてください。

CP(厳しい私)もNP(優しい私)も低いタイプの人は、

P(親の心)そのものを高めるように、

日々の生活態度や考え方を変えていくようにするといいでしょう

仕事の例でいうと、上司、部下 ストレスをためてしまうことになるでしょう。



A(冷静な私)


長所:客観的、判断力がある、合理的、適応力がある。

   冷静かつ客観的にデータや情報を集め、それを論理的に分析し意思決定をします。
     
短所:打算的、理屈っぽい、周囲に冷たい。

   子供に対して指示も理由も具体的で、

   締切も伝えるが、子どもがどんな気持ちになっているかという配慮が少ないといえます。


では、どうすればいいでしょうか。

C(子どもの心)を使ってコミュニケーションをとることをやってみてください。

ちょっとした趣味の話、の話題でもいいですし、

テレビや芸能会の話でも構いません。昔の失敗談などでもいいのです。

子どもを指導する場合にはCP(厳しい私)を、

褒めたり相談に乗ったりするときはNP(優しい私)を使うなど

臨機応変に使い分けるといいでしょう。



FC(自由な私)とAC(順応した私)

FC(自由な私):天真爛漫、喜怒哀楽の感情を出す、

         好奇心とチャレンジ精神旺盛

AC(順応した私):協調性がある、受動的、

          我慢強い、従順


一般的にFCの高い人はストレスを溜め込まない人が多いと言えます。

しかし、高ければOKというわけではありません。

自由気ままに行動して、本人のストレスはないものの、

自由な振る舞いが周囲にストレスを与えていることが多いのです。

そしてそれが度を過ぎると、CP(厳しい私)の高い人から叱責を受け、

自分は悪くないのになぜ怒られるんだろうと

ストレスを溜めることになります。

AC(順応な私)は人が本来持っている

自由な欲求や衝動を抑えつける力になっており、

率直な感情を抑制しています。



[PR]
# by nocotoco | 2018-05-06 06:02 | セルフ・カウンセリング・セミナー | Comments(0)


チャイルド・コーチング+親のセルフ・カウンセリング+カウンセリングします+セミナーします。


by noco-toco

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

外部リンク

カテゴリ

全体
チャイルド・コーチング・セミナー
セルフ・カウンセリング・セミナー
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月

お気に入りブログ

最新のコメント

> チョコさん ありが..
by nocotoco at 11:16
なるほど、参考になります。
by チョコ at 10:10

検索

最新の記事

「本当はやってほしくない」
at 2018-05-21 03:44
母親の気持ちと自我状態の変化
at 2018-05-18 07:22
各性格・行動を上げる方法2
at 2018-05-14 08:21

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
教育・学校